Herve is back in Daikanyama

かつて代官山には
「セント・ジェームス」の直営店と同じビルに
「エルベ・シャプリエ(Herve Chapelier)」の直営店があり、
そこは「mcシスター」を愛読するような
「フレンチ乙女」たちの憩いの場になっていたが、
そういえばいつの間にか
エルベ・シャプリエの直営店は
なくなってしまった。

さらに、かつてはデパートのバッグ売場などにも
よくエルベ・シャプリエのコーナーが
あったりしたものだが、
いつの間にか皆無に等しい状態になってしまった。

c0077105_0371912.gif



エルベ・シャプリエの衰退・・・。
悲しい。

が、しかし、先日代官山をフラフラと歩いていると、
何と、エルベ直営店を発見。

c0077105_0375324.jpg

以前とは違う場所で、復活してたんですね。
場所は八幡通りを少し入ったところ。
ややわかりにくいかも・・・。

さっそく入ってみると、
まあおなじみの定番アイテムがほとんどなのだが、
以前は見かけなかった、大型のバッグなども・・・。

c0077105_0382484.jpg

そして久々に
色とりどりのリュックを見ながら思った。

「うーん、アメカジ。」

かなり前にも書いたが(詳細)、
エルベ・シャプリエのリュックはかつて、
あのアウトドア・プロダクツ社が製造していた。
つまりリュックだけはmade in U.S.Aであった。

が、しかし、
アウトドア・プロダクツがアメリカでの生産を中止し、
ベトナムなどに生産国を移してしまうと、
エルベ・シャプリエはそのクオリティに
満足できなくなり、
現在は他のバッグ同様、
フランスの自社工場で生産されているという。

が、今でも、
そのテイストはやはり、
かつてのアウトドア・プロダクツのリュックが持つ、
「あの感じ」なのだ。

c0077105_0391359.jpg

アウトドア・プロダクツにしても、
イーストパックにしても、
ベトナムや中国製の現行品には
かつてのmade in U.S.Aの「あの感じ」は
ほとんど感じられない。

今や「本家」よりも
フランス製のエルベ・シャプリエの方が、
アメカジを感じさせてくれる、というのは
何とも皮肉というか不思議な現象ではある。

ここはいっそのこと、
リュックだけでなく、
昔のアメリカ製のバッグを
エルベ・シャプリエが次々と復刻したら、
すごく面白いんじゃないかな、
なんて思うのだが・・・。

いずれにせよ、
エルベ・シャプリエの復権に、期待したい。
[PR]
by boppuccino | 2007-09-15 23:59 | place
<< BODUM shop, com... Baba Toshihide ... >>