the world of Shino Arima

赤坂「グラフィティ」にて、
ありましのさんとのコラボレーション・ライブ
「アリマシノセカイ」無事終了しました。

c0077105_12822.gif

写真は津田さん撮影。
津田さんありがとう。

今回はいわゆる「対バン」的なものではなく
お互いの曲を一緒に演奏する、という
かなり気合十分&準備が大変だったライブ。

1.twinkle(S.A)
2.美しい人(S.A)
3.永遠のメロディー(T.Y)
4.手紙(S.A)
5.Standing alone(T.Y)
6.Straighten' up and fly right
7.心の鍵(T.Y)
8.パスタ・ブルース(T.Y)
9.さよならのサイン(S.A)
10.線香花火(S.A)
11.Over the rainbow
12.My favorite things
13.Never letting go
14.会いたい人に、会いにゆく(T.Y)
15.Still up there(S.A)
16.ノスタルジア(S.A)
17.三日月(S.A)

(S.A)written by Shino Arima
(T.Y)written by Tetsuro Yafune

ありましの(vocal&guitar)
矢舟テツロー(vocal&keyboard)
河野道生(percussion)
須藤剛志(bass)

僕は全17曲中15曲に参加。

ベースの須藤(すとう)君とは
実は昔、都内某所の「ニュークラブ」で
毎週一緒に演奏していた仲。
こんな場所で再会するとは、不思議です。

パーカッション河野さん、実は大御所(?)。
念願かなって初共演でした。

須藤君、河野さん、お疲れ様でした。

で、今日の主役、ありましのさんは
相変わらずの段取りの悪さでしたが・・・・
今回デュエットをやったり、
コーラスをやってもらったりして、
改めて彼女のヴォーカリストとしての
レベルの高さを感じました。

しのさん、今日は楽しかったです。
今回誘ってくれてありがとうございました。

個人的にも
スティーブン・ビショップのメロウな名曲
「Never letting go」を熱唱できたり、
収穫の多いライブでした。

そして会場に足を運んでいただいたみなさん、
どうもありがとうございました。


<CD of the day vol.88>

Stephen Bishop/ Careless

c0077105_123749.jpg









今日のライブでカヴァーした
「Never letting go」が収録された、AORの名盤。
ちなみに今日のライブ衣装も
スティーブン・ビショップを意識して、
上下ともに白で決めて(?)みました。
[PR]
by boppuccino | 2007-09-07 23:59 | sounds
<< De'Longhi&#... songs of love b... >>