the imperial

アメリカンカジュアル、略してアメカジ。

その日、僕はかなり久々に
渋谷「ネペンテス(Nepenthes)」へ行った。

そういえばネペンテスには
もう半年ぐらい、行ってなかった気がする。

外はうだるような暑さだったが
ネペンテス店内はというと、
すっかり秋冬シーズン突入。

この暑さの中でも、
お洒落ピープルはすでに
秋に着るネルシャツを買っているらしい・・・。




さて、久々のネペンテスを
いつものように「右回り」で見てたら
ちょうど真ん中辺りでこんなロゴマークを発見。

c0077105_1324762.jpg

何と、あのポスト・オーバーオールズ(POST OVERALLS)が
ネペンテスに・・・・。

ポスト・オーバーオールズとネペンテス。

それは
「日本人プロデュースによるmade in U.S.Aブランド」の
二大巨頭。東西横綱。巨人と阪神。
かつての新日本プロレスと全日本プロレス・・・。

そんな二大ブランドが
対立するのではなく、
「アメカジの復権」のため(?)に
がっちりと手を組んで、
その名も「Imperial POST OVERALLS」を
この秋から展開するらしい。

まさにインペリアル。

c0077105_1332985.jpg


c0077105_134711.jpg

いや、お値段もインペリアルなので、
たぶん買うことはないと思いますが、
ここで敬意を表したい。




さて、最後に、
ネペンテスと言えばずっと前に

「ネペンテス レディースあるのに 女子いない」

という「アメカジ川柳」を詠んだことがあるが、
そのネペンテスのレディースコーナー、
先日見たら、なんと半分ぐらいに縮小されていました・・・。

悲しい・・・。



<CD of the day vol.83>
Duke Pearson/How insensitive

c0077105_1343972.jpg







お洒落系ブラジル音楽のコンピレーションや
お洒落系カフェのBGMで
もはや「定番」となりつつある
「SANDALIA DELA」を収録したアルバム。

が、しかし、全編キラーな
ブラジリアン・チューンかというと
全然そうではなく、
コーラスを導入したやや地味なナンバーが多く、
がっかりしたお洒落ピープルも
数多いのではないかと・・・。

が、しかし、
そんなデューク・ピアソンこそが
実は「真のお洒落ピープル」なのかもしれない・・・・。

他のジャズマンにはないセンスに、多くの共感を覚える。
[PR]
by boppuccino | 2007-08-07 23:59 | products
<< this is BOSSA the light weight >>