Hide Nakata is back to the town ?

若きお洒落ピープルが集う街、東京・渋谷。

その日、渋谷ハチ公前にある、
おなじみのスクランブル交差点を、
二人のお洒落女子が歩いていた。

A子「ヒデ、今ごろどこにいるのかな?」

B美「ヒデって中田? 参議院選挙にも出馬しなかったしね。」

A子「いや・・・するわけないって。」

B美「オシムジャパン復帰説も流れたのにね。」

A子「・・・ないない。」

B美「オールスターの始球式に出ると思ったのに。」

A子「・・・」




B美「で、これからどこ行く? スタバ寄ってく?」

A子「マンゴーフラぺ出たしね。」

B美「マンゴー飲みたーい。あっ・・。アワアワッ。」

A子「ん?どしたの?」

B美「あ、あ、あれ、も、も、もしかして・・・」

A子「なになに? あ、あっ・・・」

B美「ホ、ホンモノ・・・?」

A子「あの顔、間違いないよ。ユニフォームも着てるし。」

B美「背番号7だし。」

A子&B美「ヒデーッ!!」

c0077105_0131182.jpg

ヒデ「ティッシュどうぞー。割引券付いてまっす。」



・・・・・というわけで
渋谷スクランブル交差点の中田ヒデ選手、
これがかなり、似てるんです。

渋谷に行ったらぜひ、探してみてください。




<CD of the day vol.79>

Peter Cincotti

c0077105_017566.jpg








天才ピアニスト&シンガー、ピーター・シンコッティ。
7歳の頃にはすでに
ハリー・コニック Jr. と共演していたという。

そんな彼が2003年に
何と19歳の若さでリリースしたデビュー作。

19歳とは思えない完成された演奏と渋い声、
そしてイケメン。
裏ジャケットにはタンクトップ1枚の写真・・・。

まさに全てを兼ね備えた男。
実力的には、本当に素晴らしいミュージシャン。

そして日本でもCMソングに起用され、
さらには平井堅のアルバムでピアノを弾くなど、
プロモーションも完璧。

もはや売れないはずがないのだが・・・・。

僕の知る限り、
少なくとも日本では
あんまり売れていないような印象・・・。

何故なのか?

このアルバムを聴いていると、
何となく、その理由がわかる気がする。
[PR]
by boppuccino | 2007-07-22 23:59 | people
<< here comes Doct... Mr. hip of psyc... >>