American casual for the Champ

キックボクシング・J-GIRLS認定
初代フェザー級チャンピオン、
佐々木仁子(さとこ)選手。

格闘家でありながら、
意外にも「元オリーブ少女」。
そしてアメカジ派。

その日、彼女は
見るからに古着の「7分袖フットボールT」に
これまたいい感じに色落ちしたジーンズ、と
格闘家であることなど微塵も感じさせない
アメカジ・ファッション。

やはり、世代のせいか?
ちなみに僕と彼女は同い年。
ジェネレーション・オブ・渋カジ・・・。



さて、そんな佐々木選手が

「サイズ大きすぎるTシャツがあるから、あげるよ。」

というので、

「え、いいの? ぜひぜひ。」

と、USモノ古着Tシャツを期待すると、
期待通り、Tシャツのボディーは「anvil」であった。

「どんなプリントだろ? ワクワク。」

と広げてみると、何と・・・・





c0077105_059924.jpg

「1、2,3,ダァーッ。」
燃える闘魂、アントニオ猪木であった。

やはり格闘家。
アメカジ・ファッションも一味違う・・・。

次回「女祭り」にこのTシャツを着ていかないと
後日「延髄斬り」が飛んでくるらしい。

いやいや、着ますよ。
もちろん。
着て行きますよ〜。



Mr.KYが。
[PR]
by boppuccino | 2007-07-16 23:59 | products
<< monologue about... three little cats >>