Godiva meets Starbucks ?

その日、僕は
緑の看板でおなじみの
某「S」コーヒーショップにいた。

店内では、

客「ブレンド、スモールで。」
店員「本日のコーヒーのショートサイズですね。」
客「あ、そっか。スモールって言わないんだな。ハハハ。」
店員「ウフフ。」

・・・・といった、
とても平凡で、とても平和なやりとりが
繰り広げられていた。

そして次の客は・・・
制服姿の女子高生2人組。

「ねー、アレ、頼んでみる?」
「えー、どーするー?」
「えーっとー、あのー、ゴディバフラペチーノ?」
「あるって聞いたんですけどー。」

は?
ゴディバフラペチーノ?
そんなメニューあった?

ゴディバってあの、チョコレートのゴディバ?
スタバとコラボなんてやってた?
まさか?

が、しかし・・・・

店員のキレイなお姉さんは言った。

「ああ、アレのことですね。
 アレにアレを足して・・・。ウフフ。」

え、あるの?
謎は深まる一方・・・・。

そこで僕は帰り際、
勇気を出して、
レジにいたキレイなお姉さんに

「あの、すいません・・・。
 ご、御殿場・・・
 じゃなくて、
 ゴ、ゴディバフラペチーノって・・・あるんですか?」

「ああ、アレですね。ウフフ。」

お姉さんが教えてくれた
「ゴディバフラペチーノ」とは・・・

「チョコレートクリームチップフラペチーノ」に
ヘーゼルナッツシロップを足したドリンクの通称だそう。
誰かが勝手に付けた通称であって、
正式なドリンク名ではない。

ちなみにこの
「チョコレートクリームチップフラペチーノ」自体も
メニューには載っていないドリンクで、
「ジャバチップフラペチーノ」を
「クリームベース」で作ったドリンクを指す。
ちなみにこちらは、通常のメニューには載っていないが、
正式なドリンクとして、存在する。

ややこしいですね・・・。



さて、この「ゴディバフラペチーノ」、
女子高生を中心に
あの「ミクシィ」などで、
今、勝手に盛り上がっているらしい・・・。

しかし、何でまた「ゴディバ」なんだろうね?
誰かが適当に、思いつきで付けたネーミングか?

と思ったのだが、
調査を進めているうちに、
そのネーミングにも
それなりの根拠があるように思われてきた。

その根拠とは・・・

c0077105_23392871.jpg

「CHOCOlixir(ショコリキサー)」
「ゴディバ」が出しているフローズンドリンク。

限定店舗のみの販売で、
しかも一日の販売数も限定されているらしい。
さらにお値段も
630円(税込み・320ml)と、かなりゴージャス。
まさに最高級フローズン・チョコレートドリンク。

c0077105_23395463.jpg

知ってました?
僕は全然、知りませんでした。

僕の勝手な推測では、
「ゴディバフラペチーノ」は
このショコリキサーを意識したネーミングのはず。

「スタバで飲める、ショコリキサーに一番近い味」
ということなのでしょうか?

こうなったら一度、
両方を飲み比べてみないことには、
夜も眠れませんね。


さて、ここまで読んで

「オレもうわけわからん・・・」

と思った男性のみなさん、
これからもずっと

「ブレンド。スモールで。」

で、全然問題ありません。



<CD of the day vol.64>

The City/Now that everything's been said

c0077105_23403137.jpg















キャロル・キングが
ソロデビュー前に結成していたグループ、
「シティ」唯一のアルバム。
どの曲も素晴らしいが、
ロジャー・ニコルスもカヴァーした
1曲目の「Snow Queen」が、やはり最高。
[PR]
by boppuccino | 2007-06-14 23:59 | food&drink
<< from Teva to Crocs No.18 >>