American-ism brand issue

普段はほとんど読まないのですが,
雑誌「Begin」,
現在発売中の2007年7月号の特集は何と,

「今,欲しいのはアメリカ的ブランド」。

c0077105_0381114.jpg


















「アメリカ的」の「」が
この特集のポイントで,
純粋なアメリカンブランド以外にも,
アメカジテイストを感じさせる日本のブランドや
ヨーロッパのブランドも幅広く取り上げてあって,
なかなか興味深い内容です。

以前から僕が注目している,
日本人の手によるmade in U.S.Aブランドのアイテムも
「Engineered Garments」や「Post Overalls」など,
紹介されています。

そしてお約束とも言える
「こだわりのmade in U.S.A」コーナーも。

・・・といっても,
紹介されているのは
レッドウイングのブーツや
グレゴリーのリュック,
シェラ・デザインズのマウンテンパーカ・・・・
といった,
このテのページにありがちな内容なのですが,
それでもやはり,
嬉しくなってしまいますね・・・。

さて,この号で一番面白かったのは,
古くからリーバイスのデニムの生地を供給している
「コーンミルズ」社への取材。


オックスフォード生地の生産で有名だった
ダンリバー社が倒産してしまった今,

「もしかしてコーンミルズ社も,すでに倒産か?」

と,眠れない夜を数えたアメカジファンも多いはずで,

「コーンミルズ,今なお健在」

というだけでも
「ホッ」とする,
嬉しいニュースですが,
何とヴィンテージデニムを生産した
「旧式力織機」も,今なお健在だそうです。

敬意を表したいですね。


アメカジファン以外の方々には,
ほとんど理解不能の文章になってしまいましたが,
アメカジ派のみなさん,ぜひ書店でチェックを・・・。
[PR]
by boppuccino | 2007-05-22 23:59 | products
<< the 2nd man ? bag full of dreams >>