bag full of dreams

昨日,町田の老舗アメカジショップ
「クラウドナイン」の移転について書いたが,
そんな町田に,
確か昨年の夏頃オープンした,
とある古着屋がある。

・・・といってもそのお店は,
アメカジファンがわざわざ訪れるような
「こだわりの古着屋」ではない。

やたら広い店内に,
Tシャツがどさーっと並べられていて,
全部見てたら一日終わってしまいそう,
なおかつ,その割に収穫は極端に少なそう・・・

そして外の看板には
「古着 激安」とデカデカと書かれていて,
店内は蛍光灯がやたら明るく,
BGMは一昔前のディスコ・ミュージックが
大音量で流れていて・・・・

そんな大型店だ。


あのMr.KYも

「ああいう店は,いただけないなぁ。うん。」

と言っていた,まあそんな店。

その日,
クラウドナイン移転のショック覚めやらぬまま,
フラフラと町田の繁華街を歩いていた僕は,
その某店の前を何気なく通りかかったのだが,

ふと入口を見ると,
そこには何と

「閉店セール」

の貼り紙。

c0077105_137625.jpg

昨年の夏にオープンでもう閉店か。
やれやれ・・・

と思いつつ,

でも閉店セール,気になる・・・。

しかも貼り紙には

「袋 詰め放題 1000円」

の文字が・・・。



袋 詰め放題?
何だそりゃ?
もはや,ヤケクソ気味か?
でもちょっと,楽しそう・・・。

というわけで,フラフラっと店内へ。


大きすぎず,小さすぎず,といったサイズの
ビニール袋を渡され,
そこに店内の服をどれでも
自分で詰め込めるだけ詰め込んで
レジに持っていくと,
その袋の中身全部で1000円だという。

おお,これはかなりお買得かも。


こういうタイプのお店でも,
探せばそれなりに,
ナイスなアイテムは存在するし,
多くのアイテムが
中国製や中南米諸国製であっても,
中には必ず「made in U.S.A」のアイテムが
さりげなく紛れ込んでいるものだ。


あまりにも品数が多すぎる
プリントTシャツやスウェットは最初からあきらめ,
穴場のウインドブレーカーコーナーと
大好きなサーマルコーナーに絞り,チェック開始。

これがなかなか,収穫アリ。

c0077105_1381413.jpg

おなじみLONG JOHNSの長袖サーマル2枚と
Dickiesの長袖サーマル。
すべてmade in U.S.A時代のもの。

そして最近欲しくて探していたけど,
ありそうでなかったウインドブレーカー&アノラックを
3枚も入手してしまった・・・。

c0077105_1374021.jpg

ブランドは,
赤が「SportsMaster」,
ネイビーが「Cardinal」,
グリーンのアノラックが「Hartwell」。

詳しい事は全然知らないが,
古着で何となく見た事があるような,
そんな魅惑のチープブランドだ。

そして3枚ともmade in U.S.A。

上記6枚のお洋服を,
袋にギュウギュウ詰めにして,
全部で1000円・・・・。

c0077105_139251.gif

ロングジョン1枚1000円でも十分安いのに・・・
これ全部で1000円。

安い。
安すぎる・・・・。

あまりにもお買得すぎて,
久々に脳内ドーパミン大量放出。
あ,今ドーパミン出てるなー,と
自分でもわかった・・・。


アメカジ低迷の時代だからこそ,
こういう恩恵をたびたび受けられる,というのは
何とも皮肉な現象ではあるが,
こういう時に
やっぱりアメカジ派で良かった,と
思ってしまうのは,
不謹慎なのでしょうか?


<CD of the day vol.51>

Walter Wanderley/Batucada

c0077105_139377.jpg






本日のCDコーナー,
気がつけば,しばらくお休みしてしまいました。
スイマセン。

前回まで,
ブラジルの名ピアニストを何人か紹介しましたが,
ピアノもいいけど,オルガンも・・・・
ということで,
ブラジルのオルガン奏者と言えば,
何と言ってもワルター・ワンダレイ。

黒人ジャズオルガン奏者とは全く違う
軽快で弾むようなタッチのオルガン。

このアルバムにはギタリストで
僕の大好きなマルコス・ヴァーリが参加。
アルバムタイトル曲を始め,
彼の曲が4曲,カヴァーされているのもナイス。
[PR]
by boppuccino | 2007-05-19 23:59 | products
<< American-ism br... at Tsurutontan >>