a lady who called ・・・・・

以前、都内の某CDショップに行ったら
「日本人ジャズ」のコーナーに
僕のCDが置いてあったので、
「おっ」と思ったのだが、
その隣にまた、ジャケットとタイトルで
「おっ」と思うような、
「とあるCD」が置いてあった。

が、その時は結局、
買わないで帰ってしまった。

そして後日、
とあるブログをたまたま見ていたら、
そこで僕のCDを紹介してくれていたので、
「おっ」と思ったのだが、
その記事の隣の記事で、
先日のCDショップで見つけた「とあるCD」が
紹介されていて、
「あっ」と思った。

またしても自分のCDの隣に・・・・。

この「偶然」に「ピンと来るもの」を感じた僕は
後日この「とあるCD」を購入した。

その「とあるCD」とは・・・・



c0077105_024656.gif


「古本屋のワルツ」黒船レディと銀星楽団

「黒船レディと銀星楽団」という
不思議な名前のグループは
ヴォーカリストの「黒船レディ」こと
水林史(みずばやし ふみ)さんを中心とする3人組。

ピアノの廣田ゆりさん、ギターの塩川俊彦さんは
ジャズ界では名前の通ったミュージシャンであり、
その他に何名かのサポート・ミュージシャンが参加しているが、
その多くはバリバリのジャズマン。

ファンタジーとノスタルジーを
ジャジーかつポップなサウンドで描く、
そんな素敵な音楽。

それでいて、決して
わざとらしい「レトロな演出」のようなものはなく、
自然なサウンド、自然な歌、
そして自然なソングライティングが美しい。

こんな人達がいたのか・・・・と驚いた。


さて、
そんな素敵な「黒船レディと銀星楽団」に
早速、僕のイベント「BOP CITY」出演をオファー。

次回「BOP CITY」vol.19に出演してくれることになった。

また新たな出会いが・・・。
嬉しいですね。

ちなみにもう一組の出演はやはり
この人達しかいない、と思い、
おなじみ「Gypsy Vagabonz」にオファーを出すと、
快く引き受けてくれたのだが、
何と、「黒船レディ・・・」と「バガボンズ」は
すでに知り合いであった・・・。

相変わらず、世の中は狭い。

そしてこういった偶然のつながり、
本当に、大切にしたいです。

ちなみに次回「BOP CITY」はちょっと先ですが
6月22日(金)に開催します。

詳細はまた後日・・・・。

黒船レディと銀星楽団



<CD of the day vol.37>

佐野元春/THE BARN

c0077105_032362.gif




佐野元春さんの97年のアルバムは何と、
前回紹介したジョン・サイモンがプロデュース。
そしてウッドストック録音。
さすがは佐野元春・・・。

ちなみに佐野元春さんは
あのジョージィ・フェイムとの共演も
果たしており、
その人選、そのセンス、
さすが、としか言いようがない・・・。
[PR]
by boppuccino | 2007-04-19 23:59 | sounds
<< the newest and ... both sides of A... >>