the king is back

以前にも書いたが、
昨年の夏に「今年こそミッキーT、買うぞ。」と
思いながらも、結局タイミングを逃し、買えなかった。

そして実はもう1着、
「今年こそ買うぞ。」と思いながら
結局買わなかったTシャツがある。

そのTシャツとは・・・
「バーガーキングT」。
つまり「バーガーキング」のロゴ入りTシャツ。

最近の「バーガーキング」のロゴTシャツは
こんな感じらしい。

c0077105_1173191.jpg

が、僕が欲しかったのは
旧ロゴで、ボディは白地、リブが赤のリンガーT。
そのTシャツのボディはやはりmade in U.S.Aで・・・
となると新品はもう入手困難だから古着で・・・
サイズはMで、値段はできれば3000円ぐらいで・・・・

と考えていたが、昨年の夏は結局
そんなナイスなアイテムには
1度も出会えないまま終わった。

会いたかった人に、出会えなかった夏・・・。

ちなみにバーガーキングの旧ロゴ、参考写真。

c0077105_1175795.jpg

ファイヤーキング製のマグカップ。

といっても残念ながらコレは私物ではなく、
とあるサイトから拝借した写真。

ファイヤーキングのバーガーキング・・・・
まさに「キング meets キング」。
欲しいけど、結構高いんですよね・・・。

さて、そんなバーガーキング、
以前は日本でも展開していたが、
数年前に撤退・・・。

実は僕、一度も食べたことがないまま、
気が付いたら消えていた・・・。

が、しかし、
この夏、バーガーキング日本再上陸。

今度こそ、楽しみです。

最後に・・・・

バーガーキングというと、
数年前に聞いた、
バーガーキング大好きな
ある知人の女性の話を思い出す。

彼女は当時、新宿の駅ビルの中の、
とあるお店でアルバイトをしていた。

が、新宿にはバーガーキングがない。

ということで、彼女は時々、
昼の休憩時間(45分)にわざわざ山手線に乗り、
バーガーキングがある2駅となりの高田馬場まで
食べに行っていたという・・・。

往復で約30分、食べるのに約15分・・・。

それを聞いた時はかなりウケた。

と同時に、

「でもなんかそういう気持ち、わかるなぁ・・・」と

妙に親近感を覚えてしまった。




<CD of the day vol.30>

Le Trio Camara

c0077105_1183343.jpg







前回紹介したエドゥ・ロボの代表曲
「ウッパ・ネギーニョ」は
数多くのミュージシャンにカヴァーされているが、
その中でもこの、トリオ・カマラによる
インストゥルメンタル・バージョンは
最高にキラー、そしてスリリングな仕上がりとなっている。

トリオ・カマラはブラジル人だがピエール・バルーに見出されて
フランスからデビューしたようだ。

彼らについてあまり詳しいことは知らないのだが、
「ジャズ・サンバ界のビル・エヴァンス・トリオ」とでも
形容できるような、濃密なインタープレイが展開されていて、
それ以前の、例えば「ミルトン・バナナ・トリオ」あたりと比べると
「ジャズ・サンバ新世代」という感じがする。
[PR]
by boppuccino | 2007-04-09 23:59 | products
<< small organ combo sakura in TOKYO >>