sakura in TOKYO

毎月演奏している、
都内某所のホテルにて。

c0077105_22473129.gif

桜と皇居のお濠、という組み合わせ、
いかにも、という感じですがとても美しく、
それでいてどこか「東京タワー」的というか、
何となく物悲しくあります。

ちなみに「東京タワー」は原作(小説)のみ読んで、
ドラマや映画は観ない方向。

さらに「のだめ」「ハチクロ」「NANA」も
原作(漫画)のみ。

ちなみに全部借り物。

どうやら自分は「原作主義者」か?

さて、話を戻して・・・・

今日のホテル、控え室として
空いてる客室を使わせてくれるのですが、

今日は何故か

「さっきまで使ってた部屋なんですけど・・・」

と言われ、

その部屋に入ってみると・・・・・
このような状態であった。

c0077105_2248178.gif

枕、並んでるよ・・・。

まさに、「さっきまで使ってた感」に満ちている。
何だか生々しくて、落ち着かず・・・。



<CD of the day vol.29>

V.A/Forklore e Bossa Nova Do Brasil

c0077105_22483670.jpg







ドイツにて録音されMPSレーベルから発売された
ヨーロッパにブラジル音楽を紹介するための
ショーケース的アルバム。1966年録音。

前回紹介したエドゥ・ロボも参加、
代表曲「ウッパ・ネギーニョ」が収録されているのが嬉しい。
しかも「サルヴァドール・トリオ」をバックに、
オリジナルバージョンを凌ぐほどの、
キラーな仕上がりになっている。

サンバからボサノヴァまでを程よく網羅した
アルバム全体の流れもすごく好きで、
個人的にかなり聴き込んだ一枚。

ちなみに6曲目に収録の
ピアノ・インスト曲のタイトルは「濃いコーヒーを」。

このタイトルを聞いて「あれ?」と思った方、
いないと思いますが、もしいらっしゃいましたら、
それはかなりの矢舟テツロー・マニアか(笑)。

実は僕の曲「濃いコーヒーを」のタイトルは
ここから拝借しました。
(中身はぜんぜん違いますよ。)

あと、実は僕の「ごめんなさいと言って」という曲名も、
このアルバムの10曲目「さようならと言って」から
ヒントを得てつけました。
(中身はぜんぜん違いますよ。)

このアルバム、日本語タイトルは「ブラジルの魂」で、
昨年新たに紙ジャケット仕様で再発されたみたいなので、
今ならまだ手に入るかと思います。
[PR]
by boppuccino | 2007-04-08 23:59 | place
<< the king is back go to meet '... >>