Which will you vote Mr.S or Mr.M ?

新宿にて、
東京都知事選立候補者・A野氏を見かけました。

c0077105_127835.gif

女性団体のご婦人たちに囲まれ、
クネクネ気味のA野氏。

彼は「Sか?Mか?」といえば
間違いなく、「M」なのでは・・・・?

さて、都知事選に関して、
最近こんな仮説を思い浮かべました。

「差別的発言や独善的態度が目立つI原都知事は
どこからどう見てもサディスト。
サディストの中のサディスト。

が、しかし、

だからこそ、世の中のMな人々は、
彼がヒドいことを言えば言うほど、
<もっと言って・・・>と
彼を支持してしまうのではないか?」

政治にそんな性癖を持ち込むことは、
果たして許されるのか?

そこで私は独自の世論調査を開始。

身の回りの、
Mっ気のありそうな人を捕まえては

「I原さん、好き?」

と聞いてみた。

そのサンプル数は、3名(たったの)。

が、ここで返ってきた回答は

「えー、好きじゃない。っていうか、どちらかというと嫌い。」
「いや、嫌い。」
「え、誰だっけそれ?」

と、どれも予想外の回答であり、
期待していた

「え、いや、その、実は・・・・ちょっと好きかも」

という答えは皆無。

そこで

「じゃあ誰が好きなんだい?」

とさらに追究すると、

「私、神奈川県民だから」
「オレ、千葉県民だから」
「あたしー、まだ選挙権ないから」

と、全員に逃げられる始末。

そんな大混戦の都知事選。
投票日まであと1週間ちょっと。

勝つのは、Sか?Mか?
開票結果から、目が離せません。


<CD of the day vol.20>

THE SKATALITES/Streching Out

c0077105_126870.jpg










前回紹介した
ジャマイカの伝説的スカ・バンド「ザ・スカタライツ」。

彼らが活動したのは1962年〜65年の、
わずか3年ほどの間で、その後は分裂してしまう。

そんな彼らが、
どういう経緯かは知らないが
1983年に一時的に再結成され、いくつかの音源を残している。

その時のライブ音源がコレ。
(おそらく)小さめのジャズクラブで、
「醒めた熱気」に満ちた
ライブセッションが繰り広げられている。

すべての曲がシングル向けに3分程度に
まとめられていた60年代のスタジオ録音と違って、
このライブアルバムでは
ホーンセクションの各メンバーのソロを
たっぷりと聴くことが出来る。

このアルバムを繰り返し聴きながら、
僕はそれまで理解できなかった「アドリブ」というものを
少しずつ理解するようになり、
またその頃は「どれを聴いても同じ」だった
「ジャズ」という音楽にも、
徐々に興味を持ち始めた。
[PR]
by boppuccino | 2007-03-30 23:59 | people
<< O N N A ・ M A T... Tough traveler >>