where is your SEICHI ?

先日、大学生の頃に付き合っていた女性と
かなり久々に再会した時のこと・・・・

元オリーブ少女の彼女曰く、

「さっきまで下北沢にいて、
<チクテカフェ>に行ってきたんだ。
久しぶりに行ったら,
やっぱり私も、自分の好きなものに
もっとこだわらなきゃ、って思っちゃった・・・。」

「チクテカフェ?
行ったことないんだけど、
どこにあるの?」

「あれ、昔よく一緒に行かなかった?」

「いや、連れて行ってもらった事、一度もないけど・・。」

「あ、そうだっけ・・・」

と、このような具合。

カフェ好きだった彼女と付き合っていた時は
下北沢に限らず、
よくいろんなカフェに連れて行ってもらい、
それまで「スコーン」とは
スナック菓子のことだと思っていたような僕も、
やがてすっかり「カフェ通」になってしまった。

いや、カフェに限らず、
彼女のお気に入りの店には
いろいろ連れて行ってもらい、
例えば<ドゥ・ファミリー原宿店>というような、
男子にはまず縁のない「乙女な」場所にも
よく行ったものだ・・・。

が、そういえば<チクテカフェ>には、
連れて行ってもらったことがなかった。

下北沢北口の駅前からやや離れた場所にある
こだわりの人気カフェ「チクテカフェ(CICOUTE CAFE)」。
週末などは遠方から訪れるファンで
開店前から行列が出来る、という話は何度か聞いたことがある。

おそらく雑誌「クウネル」を愛読するような女性にとっては
一種の「聖地」なのかもしれない。

そんな場所に、彼女は一人で通い、
僕を連れて行ってくれることはなかった。

何故?
ヒドイッ・・・。

さて、その後僕は彼女に、
age of vintage について話し始めた。

「最近ブログ始めて、
今ブログ更新が生き甲斐なんだ(笑)。」

「へえ、何について書いてるの?」

「まあ、洋服とか、好きな店とか・・・。
あ、そうそう、
原宿の<キャシディ>の店長について書いたりしてるよ。」

「え? その原宿キャンディーって何?」

「いやキャンディーじゃなくてキャシディー・・・。
あれ、昔よく一緒に行かなかった?」

「え・・・行ったことない。」

そういえば、そうだった。
お互い様か・・・。

恋人が出来たら連れて行きたい店がある一方で、
恋人が出来ても、絶対に教えたくない店がある。

「聖地」とは、そんな場所のことであり、
男女それぞれに、聖地は存在するようです。
[PR]
by boppuccino | 2007-02-15 23:59 | place
<< American casual... the deadstock o... >>