Matsuura's children

雑誌「オリーブ」亡き後、
「オリーブ少女」たちはどこへ消えたのか?

個人的には大変興味深いテーマであり、
ぜひ「週刊文春」あたりで
「あの人は今」的に取り上げて欲しいものだが、
そんな気配は皆無。

さて、そんなテーマに対し、
多くの人は、おそらくこう答えるのでは?

「オリーブ少女?
それなりに歳もとったし、
今はクウネルでも読んでるんじゃない?」

確かに、それは真っ当な指摘。
同じマガジンハウスだし・・・。

そして書店に行けば、
「クウネル的」雑誌は、
確実に増えている・・・。

c0077105_0472415.gif

落ち着いた雰囲気、
日常生活に密着した記事、
かといって生活感は出過ぎず、
その「地味お洒落」な雰囲気に、
趣味の良さが滲み出ている・・・。

そんなテイストの雑誌が並ぶ中、
ふと気になるのが
日本における「ヴィンテージな」生活雑誌、

それは・・・・
「暮しの手帖」。

「クウネル的」雑誌の元祖?

c0077105_0502220.gif

その創刊は何と1946年というから
創刊からすでに60年・・・。

かつては一家に一冊、
必ずのように置いてあったというが、
今は・・・?
その存在すら知らない人の方が多いのでは?

いや、実は僕も
ちゃんと読んだことは一度もないのですが・・・。

実際、ここ数年売り上げは減少を続け、
厳しい状況にあるらしいのだが、
そんな「暮しの手帖」の新編集長に、
松浦弥太郎氏が就任したという・・。

松浦氏といえば
中目黒のオシャレ古書店「COW BOOKS」の店主であり、
またエッセイストとしても様々な著書がある。

そして何と言っても、
「オリーブ」や「relax」を始めとする
マガジンハウス系雑誌に、
たびたび登場していた「キーパーソン」であり、
「オリーブ・ファミリー」の一員、と言っても
決して過言ではないかと思われる。

そんな松浦氏が「暮しの手帖」に参加、
しかも編集長とは・・・。

あまりにも斬新で、
あまりにも鋭い人選・・・。

変わらないために、変わり続ける
「暮しの手帖」に
敬意を表したいです。

c0077105_0491584.jpg

さて、ここで気になるのは
かつて「オリーブ」で松浦氏の文章から
人生について多くを学んだ、
元オリーブ少女たちの動向。

「松浦さんだから・・・」という理由で、
一体どれだけのオリーブ少女が
「暮しの手帖」に流れるのか?

今後の動向から、目が離せません。
[PR]
by boppuccino | 2007-02-11 23:59 | products
<< real book or re... good bye, pichi... >>