Blueberry fields forever

下北沢「Eucalyptus」の閉店セールについては
数日前に書いたが、
その日、「Eucalyptus」に行った後、
ついでに南口も軽く見ておくか・・・と思い
下北沢南口商店街を歩いていたら、
もう一つ、アメカジ系ショップの閉店セールを
発見してしまった・・・。

そのお店とは・・・
「ブルーベリー(Blueberry)」。

c0077105_0242865.gif

僕がこのお店に初めて行ったのは、
たぶんもう15年ぐらい前だったような気がする。
移り変わりの激しい下北沢では、かなりの古株だ。

かつてはmade in U.S.Aのアイテムがずらりと並ぶ
良質なアメカジ系インポートショップとして、
僕の「下北沢お買い物コース」にも必ず入っていたのだが、
数年前から、かなり路線を変更してしまい、
今ではアメカジ系といっても
国内メーカーによる「ライセンス生産」の
チープなアイテムや、
ややB級なアイテムが並ぶ店になってしまい、
僕の「お買い物コース」からも
気がつけばすっかり外れてしまった・・・。

「アメカジ冬の時代」に、
本物にこだわっていても商売が成り立たない・・・
ということで、「利益優先」に路線変更し
成功を収めているのかと勝手に想像、
「残念だけど、仕方がない」と思っていたのだが・・・・。
閉店の理由はわからないが、
何とも複雑な心境だ。

ところで、
この「ブルーベリー」の少し先に
「ステップス(STEPS)」という、
これまた古くから存在するアメカジ系ショップがある。

昔はどちらかというと
ブルーベリーがmade in U.S.Aを多く揃える本格派で、
ステップスはややB級なアイテムの多い店、という印象だった。

なので、かつて僕の「お買い物コース」には
ブルーベリーは入っていたが
ステップスは入っていなかった。

それがここ数年で立場が完全に逆転。

ステップスは今や
「ディ・マティーニ」のメッセンジャーバッグや
「ラッセルモカシン」のブーツ、
「キャンバー」のスウェットといった
made in U.S.Aアイテム、さらには
「フライターグ」もバッグから小物まで揃う、
すっかり「ハイ・エンドな」アメカジショップになっている。

何故、ブルーベリーとステップスが
全く正反対の道を歩んだのか?
その理由はもちろんわからないが、
一つだけはっきりしていることは
それぞれの道を選んだ結果
ブルーベリーは閉店し、ステップスは健在、ということ。

いや、だからと言って
そこから何か「教訓」のようなものを
引き出すつもりはないが・・・。

最後に、
「ブルーベリー」の閉店セールだが、
さすがにかつての本格派アメカジショップ、
made in U.S.Aのナイスなアイテムも、
ポツンポツンとだが存在する。

例えば「Rock mount」のウエスタンシャツ、
「FIDELITY」のダッフルコート、
あるいは国内ブランド「MONITALY」の
アメリカ製のジャケット、
そういったアイテムが30%〜50%OFFで並んでいるので、
それなりに楽しめるかと思われます。

いろいろ書いてしまったが
かつてはお世話になった「ブルーベリー」に、
ここで敬意を表したいと思います。

そしてまた一つ、
アメカジ系ショップが姿を消す・・・。
悲しい。
[PR]
by boppuccino | 2007-01-28 23:59 | place
<< how do you guru... slim or loose ? >>