waiting for the doughnuts over 80 minutes

東京・新宿南口にある「サザンテラス新宿」の遊歩道といえば、
クリスマスが終わっても今なおライトアップが施され、
カップル達がウォーク&ラヴ(?)するにはベストなスポット。

その日、僕はそのサザンテラスの遊歩道を
フラフラと歩いていた。

一人で。

しばらく行くと、そこには沢山の人だかり。

「なにっ?事件?大変だ!」

と思って近づいてみると、
それは事件ではなく、
とあるお店の行列。

そのお店とは・・・・
「クリスピー・クリーム・ドーナツ」

c0077105_1563467.gif

知ってました?

僕は知りませんでした・・・。

そういえば最近、
ここのロゴマーク入りの袋を持っている人を
よく見かけるなぁ、と気になっていたのですが、
コレだったのか・・・。

c0077105_157138.gif

クリスピー・クリーム・ドーナツは
1937年にアメリカで生まれたドーナツショップ。
その日本第一号店が、この新宿サザンテラス店で、
2006年12月15日にオープンしたそうです。
現在、日本ではまだこの1店だけみたいです。

それにしても、ものすごい行列。
警備員出動。
警備員さんの話では、
1時間20分待ちだそうです・・・。

で、その行列に並んだかというと、
もちろん並んでいないので、
まだそのドーナツは未体験。
すでに食べた方、ぜひ感想を聞かせて下さい。

ちなみにこの「行列」というものが、僕は苦手。
いや僕だけでなく、行列が苦手な男子は多い。

が、しかし、
「だってみんな食べてるから・・・」
と言う理由で、
「行列の出来る店」が好きな女子は多い。

行列が苦手な男子と
行列好きな女子・・・・

そんな二人が
ちょっと「いい雰囲気」になり、

「お腹空いたね。ご飯食べて行く?」

「うん。行こう行こう。」

「あ、そういえば最近出来たラーメン屋、
美味しいみたいだから行ってみない?」

「えー、絶対行く。」

という展開。

それはまさに「いい雰囲気」。

が、しかし、
そのラーメン屋に到着すると、
そこには行列・・・。

女子は

「わ、行列できてる。美味しいんだろうな・・・。」
と心の中でつぶやき、胸を高鳴らせるが

一方の男子はというと・・・

「えー、並んでるよ。やめよっ。
近くに<日高屋>あるから、今日はそっち・・。」

と一気にテンション低下。

それを聞いた女子も、

「えー、また日高?おととい友達と行った〜。」

と不機嫌に・・・。

お互い好意を寄せているからこそ、
ここで引き下がることが出来ない。
それが<恋>。

意地になった男子
「じゃあいいよ。並べばいいんだろ。」

と言って、
一人で行列の最後尾に並んでしまう。

それを見た女子、
「何それー。もういいよ。帰る。最低。」

と、涙声でその場を去ってゆく・・・。

まだ意地になってる男子は、
その後も行列に並び続ける。
が、さすがに10分も経つと
「やっぱ悪かったな・・・・」と思う。

一方の女子も
駅の改札口まで来たものの、
改札をくぐる事が出来ぬまま、
そこら辺をうろうろとしているうちに、
涙もおさまり
「<最低>なんて言っちゃって、悪かったな・・・」と思う。

そして女子はダッシュでラーメン屋に戻る。

すると、
ちょうど列の先頭まで回ってきた男子が
店員さんに
「お客様、お一人様ですか?」
と聞かれているところ。

「待ってー。」

と走ってきた女子を見た男子は
店員さんにこう言った。

「いや、2名です。」

こうして二人は無事ラーメンを食べることができた。

行列をめぐる男女の認識のズレには、
くれぐれも気をつけたい。

が、僕はドーナツに80分待ち、は絶対無理です。
[PR]
by boppuccino | 2007-01-26 23:59 | place
<< slim or loose ? premium jeans a... >>