BOP CITY vol.17

1月11日
渋谷・公園通りクラシックスにて
僕の企画イベント「BOP CITY」vol.17。

今回は僕の他に
「川上タカユキ」君と「Gypsy Vagabonz」が
出演してくれました。

川上君とは久々の再会。
スモーキーな歌声が彼の持ち味。
昨年秋にCDも出し,その勢いを感じさせるライブ。

ちなみに彼のバンドで
アコーディオンを弾いていたクラモトさんは
もう6〜7年前から僕のライブにお客さんとして
よく来てくれていたのですが,
今回は偶然にも初めて一緒にライブが出来て,
不思議な縁を感じました。

川上君,クラモトさん,中野さん,冨田さん,
今日はお疲れ様でした。

そして「Gypsy Vagabonz」は
前回(BOP CITY vol.16)に続き2回連続出場。
前回よりもさらに,アレンジなどに磨きがかかってました。
メンバーの一人に聞いたら
「ライブやリハーサルを繰り返しているうちに
自然にアレンジが変わっていった」とのこと。
それはまさに,バンド・アンサンブルにおける理想的な形。
彼らが今,非常にいい状態であることがうかがえます。

そしてヴォーカルの秀子さん,良過ぎ・・・。
「進駐軍慰問ライブ」的な雰囲気,最高です。
彼女のステージングは,
僕にとっても,本当にいい勉強になります。

秀子さん,加勢さん,大西さん,藤田さん,
お疲れ様でした。

さて,最後に僕のライブですが
ウッドベースに鈴木 "KAT-TSUN" 克人,
ドラムスに宇宙野郎こと柿澤龍介,の両氏を迎えた
「矢舟テツロー・スモールコンボ」では久々のライブ。

演奏が終わると各自バラバラ,
相変わらず集団行動の出来ない3人ですが,
今日は新年ということもあってか
リハーサルが終わってからライブまでの空き時間に
3人揃ってコーヒーを飲みに行くという
今までにはなかった展開に・・・。
また一歩,進化を遂げた矢舟テツロートリオ。
その2007年に,ご期待下さい。


1>OVER THE RAINBOW
2>TRY TO FORGET
3>ハニーチャイは恋の味
4>心の鍵
5>ゴロワーズを吸ったことがあるかい?
6>FRUITS OF THE ROOTS
7>STRAIGHTEN' UP AND FLY RIGHT
8>バールに灯ともる頃
9>ごめんなさいと言って
10>JUMPIN' WITH SYMPHONY SID

矢舟テツロー(vocal&piano)
鈴木克人(acoustic bass)
柿澤龍介(drums)

会場に遊びに来てくれたみなさん,
ありがとうございました。
[PR]
by boppuccino | 2007-01-11 23:59 | sounds
<< Let's buy L... the first date ... >>