selected with pride in ・・・・

「music shelf」という面白いサイトがあって、
ここでは音楽を愛する様々な人々が
思い思いのテーマに添って10曲を選曲し、
それをコメント付きで紹介、あるいは自慢している。

そのセレクタ(選曲者)は超有名ミュージシャンから
レコーディングスタジオのエンジニアまで、おそろしく幅広い。
そして皆が好き勝手なテーマで選んでいて、
その、いい意味でのバラバラ感がとても面白く、
いろんなリストを見ているうちに
つい時間が過ぎてしまうのだ。
なのでお正月をダラダラと過ごしている方には最適かと・・。

http://musicshelf.jp/

さて、光栄なことに、
その「music shelf」に
僕もリストを載せてもらえることになった。

で、元日の今日、
朝からその選曲をして、コメントを考えて・・・・
とやっていたら意外と時間がかかり、
気がつけば一日が終わってしまった・・・・。

後日「music shelf」に載ったらまたお知らせしますが、
ひとまず今日は、
その10曲のリストをここでも載せておきます。

ズバリ、テーマは・・・・
「Jazz meets American Casual」

そのまんま、Age of vintageのテーマと同じですね・・・。

ヒップでカジュアル、そしてユーモラス・・・
ディテール重視のジャジーな10曲、こちらです。

1>YEH YEH/Georgie Fame

2>GIMME THAT WINE/Lambert,Hendricks & Ross

3>PARCHMAN FARM/Mose Allison

4>HOUSE OF BLUE LITES/Ben Sidran

5>SWEET GEORGIE FAME/Blossom Dearie

6>WACK WACK/The Young Holt trio

7>THE REVOLUTION WILL NOT BE TELEVISED/Gil Scott Heron

8>OO-SHOO-BE-DOO-BE
 /Dizzy Gillespie & The Double six of Paris

9>TRINKLE TINKLE/Thelonious Monk

10>ゴロワーズ/ムッシュかまやつ


と、このような10曲。

一部のヒップな音楽愛好家の間では
おなじみ過ぎるほどおなじみの曲ばかりを
敢えて選んだのですが、一般的に考えると
「誰も知らない曲」「誰も知らないミュージシャン」が多いはず・・。

知ってる曲ありましたか?

中村さん、中林さん、
遅くなってすいませんでした・・・。

でも、こういう選曲企画って、やはり面白い。
今年はぜひ「Age of vintage」選曲の
海賊版カセットテープを作りたいな、と思ってますので、
皆さんカセットデッキまたはカセットウォークマンの準備を、
よろしくお願いします。僕はもう準備OKです。
c0077105_23212570.gif

[PR]
by boppuccino | 2007-01-01 23:59 | sounds
<< the days of sal... American Casual... >>