diary or die ?

今から数週間前であれば
多くの人々の関心事は
「クリスマスどうする?」であったはずだが,
今となっては既にタイムリミット,
「あきらめムード」の男女がほとんど。

そんな人々にとって
いま最もホットな話題といえば・・・・

「来年の手帳どうする?」
せいぜいそんなところか?

ところで,聞くところによると,
今や空前の「手帳ブーム」らしい。
十代の女性など
手帳を2册,3册と所持するのは当たり前らしい。

何に使うんでしょう?

で,今日の本題は「手帳と私」。

c0077105_040376.gif

かつては写真右下,「KEITH CLARK」社の手帳を
ずーっと愛用していた。
なぜならmade in U.S.A・・・・。

ここの手帳はリフィールが売っているので
外側のカヴァーはそのままで
中身だけを毎年交換できて,
それがとても良かったのですが,
ある時期から日本には輸入されなくなってしまったようで,
数年前にはもうほとんどのお店から姿を消してしまった。

そして日本のメーカーが
デザインをそっくりマネた商品を売り出して,
そちらの方は今でもよく見かける・・・・。

悲しい。

で,仕方なくここ数年は写真左上,
英国「Letts」社の手帳を愛用していた。

ちなみに今までずっと「見開き1週間タイプ」を
愛用していたのですが
今年の手帳を買うに当って,心境の変化が・・・。

今年は新たな試みとして
「1日1ページタイプ」を使うことにしました。
で,選んだのが「MOLESKINE」の手帳。

c0077105_042493.gif

写真右がその手帳。
ちなみに左は以前にここで紹介した「五線譜ノート」。
2册そろって,オレたちモールスキン・ブラザーズ。

その手帳,さすがに1日1ページということで,
今まで使っていたモノと比べると
かなりブ厚く重いのだが,
その代わりに今まで別に持ち歩いていたメモ帳を廃止,
「予定&メモ」の一元化に取り組む,
というのが2007年の方針。

そして,その広いスペースには
その日の予定以外にも,
その日会った人や
その日訪れたアメカジ系ショップで見つけた
気になるアイテムとそのディテール&お値段なども
書き込んでいこうかな,と意気込んでおります。

例「下北沢アメリカ屋,ダウンジャケット,カナダ製,3800円,激安」

ちなみに上の例は実話。
他の店では2万円近いお値段で売ってたダウンが,
安い・・・。安すぎるよ・・・。
欲しい方,急げばまだ間に合うかも。
ちなみにアメリカ屋では他にも・・・・

いや,話を戻して・・・・
「1日1ページ手帳」,
果たして一年後にはどうなっているのか,
自分でも楽しみです。

「ブ厚くて重いだけ・・。もう2度と買わない」なんてことに
なっていなければいいのですが・・・・。

で,みなさんは
来年の手帳,どうする?
[PR]
by boppuccino | 2006-12-11 00:00 | products
<< toll free downl... from readers &l... >>