Jazz Seen

昨日の深夜にNHKで映画「Jazz Seen」が
放映されたのですが、観ましたか?
もしくはすでに劇場などでご覧になってる方も
いらっしゃるのでしょうか?
僕は昨日初めて観ました。

映画「Jazz Seen」は2001年にドイツで製作された映画で、
これまでに多くのジャズミュージシャン
そしてジャズのアルバムのジャケット写真を撮影してきた
写真家・ウィリアム・クラクストン(William Claxton)についての
ドキュメンタリー作品。

クラクストンは2001年の時点でまだ現役バリバリで、
この映画では彼のインタビューに加えて
その仕事場での撮影風景などがふんだんに盛り込まれていて、
大変興味深い内容でした。

とにかく、クラクストンの写真が次から次へと
出てくるだけでも映画が成り立ってしまうのではないか、
と思えるほど、彼の写真がカッコイイ・・・。

彼はジャズ以外にもファッション関係の写真なども
多数撮っていて、それがまたカッコイイ・・・。

c0077105_039365.gif

これはそんなクラクストンの写真を
ポストカードスタイルでまとめた本。
ちなみにこれは
下北沢「HUSH!」の店主(通称「部長」)に
数年前に誕生日プレゼントとしてもらったもの。

今は亡き「ジャズ・ジャイアンツ」達の写真に混ざって
現役ミュージシャンの写真もいくつかあるのだが、
不思議と時代の違いを感じさせない。
古い写真は新しく、
新しい写真はどこか懐かしく感じさせる。
これこそまさに「ヴィンテージ」。

ジャズに興味がある方もそうでない方も、
機会があればぜひ、
「Jazz Seen」観てみて下さい。
[PR]
by boppuccino | 2006-11-13 00:00 | sounds
<< fame at last the ultimate gi... >>