the ultimate gift from Doctor Jazz

あのベン・シドラン(Ben Sidran)氏から
メールが届いた(自慢)。

Hi Tetsuro.
age of vintage いつも読んでるよ。最高にクレイジーだね。
・・・・とは残念ながら書かれていなかったのだが、
(当たり前か・・・)
どうやら最近こんなスゴイ作品がリリースされたみたいです。

c0077105_21512724.gif

「TALKING JAZZ」 Ben Sidran

ベン・シドランが監修した一大ジャズ・アンソロジーのようで、
CD24枚組と、60名に及ぶミュージシャンとの対談が収められた
ボックス・セットになっているようだ。

対談に登場するミュージシャンは
マイルス・デイビスやソニー・ロリンズ、
アート・ブレイキーといった「ジャズ・ジャイアンツ」から
ドナルド・フェイゲンやモーズ・アリソンまで、幅広い。

ベン・シドランはミュージシャンでありながら
プロデューサーやジャーナリストなど、
いくつもの顔を持つ才人。
それ故「Doctor Jazz」のニックネームを持つのだが、
この「TALKING JAZZ」は彼の、
ジャーナリストとしての集大成的な
作品になっているようだ。

ジャズの歴史を後世に伝える、という意味でも
この作品の持つ意義は大きいと思われる。

それにしても、
一体どんな内容なのか、本当に興味深いですね。
そして日本版は、出るんでしょうか?
無理かなぁ・・・。

ドクター・ジャズことベン・シドラン氏の
偉大な業績に、ここで改めて敬意を表したい。

http://www.talkingjazz.com
[PR]
by boppuccino | 2006-11-11 21:21 | sounds
<< Jazz Seen which country i... >>