vintage Healthknit

最近アメカジの話題が少ない、とお嘆きの貴兄に・・・
お待たせしました。
今日はとっておきのアイテムをご紹介。

以前に、
もし「アメカジ・スウェット番付」を作るとしたら
東西の横綱は「チャンピオン」と「キャンバー」で
決まりであろう、と書いたが、
では大関は?関脇は?
となると、なかなか難しい・・・。

大関は「ラッセル」と「アンビル」あたりか?
「ヘインズ」は人気力士だが関脇止まり?
「アメリカン・アパレル」は史上最速で幕内昇進?
と、考え出すと夜も眠れない・・・・。

ぜひ、みなさんも「マイ・スウェット番付」を
作ってメールで送って下さい。
宛先はこちら
boppuccino@excite.co.jp

そんなもの誰も作らないか・・・・。

・・・・さて、
今日ご紹介したいのは往年の名大関(?)、
「ヘルスニット(Healthknit)」。

ヘルスニットは1900年に
テネシー州ノックスヴィルにある
スタンダードニッティングミルズ社の
アンダーウェアブランドとして誕生した。
が、おそらく1990年頃に倒産、
消滅してしまったと言われている。

現在多くのセレクトショップに
ヘルスニットの商品が置いてあるが、
これはおそらくライセンスを獲得した
日本のメーカーによる復刻版と思われる。
(その忠実な復刻には敬意を表したい。)

そんな復刻版が作られるほど、
日本のアメカジファンには人気だったヘルスニット。
その70年代モノと思われる
ジップフロントのスウェットパーカが、
先日フラリと入った都内某所の某古着屋さんに、
何気なく置いてあるではありませんか・・。

しかもまさかのデッドストック(新品)で、
さらにパッケージ入り!
シンジラレナイ・・・。

c0077105_1414132.gif

このチープかつ地味な雰囲気が、たまりませんね。

そのディテールは、
裏地に白のサーマル使用。
そしてフロントのジッパーは
YKKではなく「タロン(TALON)」社のジッパー使用と
アメカジファンにはたまらない仕様。

気になるお値段は・・・
5800円と、いたって常識の範囲内。
在庫もそれなりにあるそうです。

「都内某所の某古着屋さん」について
詳細キボンの方はお気軽にメール下さい。

さて、最後に、重大な問題。
「そのパッケージ、開ける勇気ありますか?」

私にはありません・・・・。
[PR]
by boppuccino | 2006-10-30 01:11 | products
<< survival in Kic... my favorite jaz... >>