dokkiri at Isetan ?

友人の若きファッションボーイ・K太君と
ファッショントークをするのが
最近の楽しみの一つになっている。

20代前半の彼はかなりのモード系だが、
僕がなつかしのアメカジ・ウンチクを連発しても
嫌な顔一つせず聞いてくれるナイスガイだ。

そんな彼に優しく言われた。
「チープ古着ばかりあさってないで、
たまには新宿の伊勢丹にでも行ってみては?
楽しいですよ」と・・・。

僕はデパート、
または丸井などビルのテナントで
洋服を買うことなんて、皆無に等しい。

伊勢丹、行ってみるか・・・。

というわけで新宿「ISETAN MEN'S」へ・・・。

c0077105_2413238.gif

そのセレクション、
噂には聞いていたものの、
実際行ってみて圧倒されました。

細かく区切られたスペースに、
「旬」なブランドがぎっしりと並んでいて、
本当の意味でセレクトされている。

今、デパートの洋服売場といえば
いくつかのお決まりのブランドのテナントが入り、
あとは礼服や下着コーナー、それでおしまい、
・・・・というのがほとんどだが、
新宿伊勢丹は、そういった他のデパートとは
一線を画するトンガリっぷりで、
他の追随を許さない。

「変わらないために、変わり続ける」を
実践している新宿伊勢丹に、敬意を表したい。

ちなみに、
アメカジ派アイテムも、けっこうありました。

アーネスト・ソーンなど
made in U.S.Aのデニムブランドが多数。
その他に、この秋注目のウールリッチも・・・。

c0077105_2425966.gif

上から5番目、
伊勢丹にその名を刻んだ、我らがウールリッチ。
モンクレールに負けるなっ。

さて、最後に、
新宿伊勢丹にて「ある出来事」に遭遇した。
それは・・・・・

僕が1Fにある香水&アロマコーナーを
フラフラと歩いていると、
キレイなオネエさんに声をかけられた。

「よかったら試してみませんか?」
「・・・はい、喜んで。」

僕はオネエさんの差し出す
いろんな香水の匂いを
次から次へと嗅いで夢見心地に・・・。

さらにオネエさんは
「肌からダイレクトにリラクゼーションを・・・」
などと言って僕の手を取り、
手の甲にアロマオイルを1滴垂らし、
さらにそれをすりすりっと塗ってくる・・・。

このすりすり攻撃を受けた僕は、
「オネエさんと仲良くなるためにも、買うしかない・・」
と決意を固めつつあったが、
その時ふと横を見ると・・・・
エ、エエッ?

c0077105_2452470.gif

何と、テレビカメラ・・・。
まさか、「どっきり」?

いや、さすがに「どっきり」ではなかったのだが、
たまたまこの時、
某全国ネットのテレビ局が取材に来ていて、
「売場の風景」ということで
僕とオネエさんの一部始終が、
全てカメラに収められていたらしい。
ヒドイッ。

しかもその後、何の断りもなく
いきなりインタビューまでされる始末。

「今日のお目当ての商品は?」
「え、いや、その・・・キレイなオネエさんです。」

オンエアされないことを祈る・・・。

でも、我に返ったおかげで、
アロマオイルは衝動買いせずに済みました。

そんな僕の右手には、
今でもまだ、オネエさんが塗ってくれた
アロマオイルの香りが・・・・。
[PR]
by boppuccino | 2006-10-21 02:22 | place
<< the best duy of... age of converse... >>