a girl like Birkenstock

4年前から愛用している、
ビルケンシュトック(Birkenstock)の
ドレスシューズ「コベントリー(Coventry)」
c0077105_1493524.gif


その素晴らしい履き心地は、さすがビルケン。
そしてどこまでもタフな一足であるが、
4年間ガンガンに履いたら、
さすがにソールに穴が・・・・・。

そんなわけでビルケンストアに行って、リペアに出してきた。

ソールを交換したら、またあと4年、
いやあと6年は履きたい。

10年履けば、それが自分だけの
「ヴィンテージ」になるのではないか・・・・・。
僕はそう思うのです。

さて、久々に行ったビルケンストア、
そのラインナップを眺めていて思った。

「この秋、ビルケンが熱い・・・・」

日本限定モデルなどが多数リリースされ、
そのどれもが素晴らしいのだ。

特に惹かれたのがコレ。

c0077105_0363312.gif

「アントワープ(Antwerpen)」(16800円)

まるでペンデルトンのシャツのようなチェックが、
アメカジとも相性ピッタリであろう、そんな一足。
心の中で思わず、「超カワイイ」とつぶやいてしまった・・・・。

ところで、
ビルケンの靴を女性に例えると、
こんな女性像が浮かび上がる・・・・・

「決して美人というわけではなく、
スタイルがいいわけでもないけど、
ユーモアがあり、カジュアル派であり、
自分のこだわりを持っている。
そして、「チョイM」・・・・。」
そんなところか。

え、違う?

僕はそんな女性が、大好きなんです。
http://www.birkenstockjpn.co.jp/
[PR]
by boppuccino | 2006-10-05 23:23 | products
<< at swing avenue piano man at ne... >>