Kate and Jack

その日、ピアノマンはラウンジでの演奏を控え、
ホテルの一室にいた。

「最近のオシャレBOYたちはみんな
黒の極細ネクタイを愛用してるなぁ。
オレはネクタイは太めが好きだけどなぁ・・・。」
そんなことを考えながら。

そんなピアノマン、今日のネクタイは?

c0077105_0133851.gif

ちゃっかり黒の細ネクタイであった・・・・。
アメカジからモード系へ転身か?

いや、裏を見ると、
そこにはやはり「made in U.S.A」の文字が・・・。

「JACK SPADE」のネクタイ。
素材はコットン100%。
本当はカジュアル向きだが、スーツにも程良く合います。

ところで「ジャック・スペード」は
「ケイト・スペード(Kate Spade)」に比べると
もう一つ、その正体が掴みきれないブランド。

当初は
「ジャック・スペード氏はケイトの旦那〜
でも奥さんのブランドの方が売れちゃって旦那は影が薄い〜
やがて夫婦仲に亀裂が・・・・。」
と、勝手にワイドショー的ストーリーを描いていたのだが、
いろいろ調べていくと、事実は全く違ってた・・・。
旦那、スイマセン。

実はジャック・スペードというのは人物の名前ではなくて
ケイト・スペードの旦那はアンディ・スペード氏。

もともとは「ケイト・スペード」も
当時まだ恋人だった二人の、
名前(ケイト)と苗字(スペード)を合わせたブランド名だそう。
スタートは1993年。
もはや説明不要のバッグブランド。

そして「ケイト・スペード」のヒットにより、
そのメンズラインとして
1999年に誕生したのが「ジャック・スペード」。
デザインは夫のアンディが手掛けている。

「ジャック」っていうネーミングは
「スペード」にかけた洒落なのかな?

「ジャック・スペード氏」が
存在すると思われてしまいがちなのは
「ケイト・スペード」はケイトが、
「ジャック・スペード」はアンディがデザインしている、
というところに原因があるみたいです・・・。

さて、そんな「ジャック・スペード」ですが、
「ケイト・スペード」の直営店、
それも路面店のみでしか扱われていないようで、
(デパートなどでは扱われていない)
それがまた「知る人ぞ知る」的価値を高めている。

以前は渋谷に一軒、直営店があって、
僕はそこを時々チェックしていたのだが、
たしか昨年の冬あたりに閉店してしまい、
今は「ケイト・スペード」青山店と神戸店ぐらいでしか、
「ジャック・スペード」は扱われていないらしい。
ちょっともったいないような気もしますが・・・。

2004年にオープンした「ケイト・スペード」青山店は、
かなりスゴイらしいのですが、
実は一度も行ったことがない。

チープ系古着屋ばかり行ってないで、
たまには白シャツに細ネクタイでも締めて、
青山あたりを散策しておかないと・・・・。

http://www.jackspade.com/
[PR]
by boppuccino | 2006-10-02 00:00 | products
<< the first of th... 8th anniversary... >>