monologue about cassidy <2>

東京・原宿にあるインポートショップ「CASSIDY」。
以前にも書いたが,
キャシディ店長・八木沢氏のユニークな人柄に魅了され
もう6〜7年,通い続けている。

c0077105_23303224.gif

キャシディのセレクションの根底にあるのは
やはりアメカジだと思うが,
ヨーロッパのブランドにも強く,
地域やジャンルにとらわれず,
常に新しい何かを求める,柔軟な姿勢が好きだ。

そして何より,
八木沢氏が洋服について語るのが楽しそうで,
それを聞いているだけで,僕も楽しくなれるし,
元気になれるのだ。

ところで先日,
現在発売中の雑誌「エスクァイア(Esquire)」10月号を
パラパラと立ち読みしていたら,
その八木沢店長を発見。

c0077105_0201550.gif

特集の「現代の目利き101人」に,
「目利き」の一人として登場していた。

ファッション誌に八木沢氏が登場することは
別に珍しいことではないが,
オトナな雑誌「エスクァイア」にも出ちゃうなんて,
やっぱり凄いですよね。

その誌面で八木沢氏はこう語っている。
「常に新しいものを見て,それを新鮮に感じて
感動できなくちゃ面白くないですからね。」

まったく同感。
「変わらないために変わり続ける」を
実践しているからこそ,
移り変わりの激しい原宿で
25年も変わらずに存在し続けているのだろう。

ところで,以前にも書いたが
八木沢氏とそれなりに顔見知りになったのに、
僕が音楽をやっている事などは何も明かしていない。
いや、話したい気もするけど、話せていない。
それがずっと気にかかっていた。
いや,それが自意識過剰だってことは
わかってますよ・・・。

そして先日,
たまたま楽器を持って原宿付近を通ったことがあった。
「あ,そうだ,これ持ってキャシディ行けば,
すんなり話せるな・・・」と気付き,
思いきって行ってみた。

思惑通り,
八木沢氏に「何ですかそれ?楽器?」と聞かれ,
「音楽やってるんです・・・。」と,
ようやく話すことができた。

ふう・・・。

そしてその後,バッグから自分のCDを取り出して
「よかったらこれ聴いて下さい」と渡す予定だった。
が,ちょうどその時,
ウンチク大好きそうなお客さんが入ってきて
八木沢氏はそのお客さんにつかまってしまった・・。

CDはあきらめて退散。
でもまあ今日は一歩前進,と前向きにとらえて・・・・
次回は必ず,渡したい。
[PR]
by boppuccino | 2006-09-16 00:00 | place
<< piano man at th... reggae magic >>