rock to jazz? jazz to rock?

前回「jazz or rock?」について書いたが、
僕は何も最初からジャズ派だったわけではなくて、
むしろ以前はロック派だった。

例えばローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)の
1971年の名盤「スティッキー・フィンガーズ(Sticky Fingers)」。

アンディ・ウォホール作のジッパー付ジャケットが
あまりにも有名だが、そのジッパー付ジャケに敬意を表して、
CDではなくアナログ盤を西新宿まで買いに行くような、
そんなマジメな音楽リスナーだった。

c0077105_0425653.gif

「Sticky Fingers」 The Rolling Stones
ジーンズの写真のジッパー部分に、本物のジッパーが付いている。
そしてジッパーを開けると、下には白いブリーフの写真が・・・。

さて、ストーンズといえばロック界の「生きた伝説」だが、
ドラマーのチャーリー・ワッツ(Charlie Watts)は、
そういえばもともとはジャズ・ドラマーだった。
ミックやキースに誘われてストーンズに加入した頃は
ロックなんて大嫌いだった、という説もある。

ストーンズの写真を見ていると、
他のメンバーは皮パンにド派手なシャツなどを着ているのに、
チャーリー・ワッツだけ一人、
スーツにハットで決めている、
そんな写真がけっこうあって面白い。

ストーンズの内部にも
「ジャズスタイル」と「ロックスタイル」が共存していた・・・。

ちなみに僕の大好きなジャズマン、ベン・シドランの
ファーストアルバムにも、チャーリー・ワッツはゲスト参加している。
そしてベン・シドランも
ストーンズの「ベガーズ・バンケット」のセッションに参加したらしい。

後々になって、多くの人が
ジャズとロックの間に「壁」を作ってしまったが、
そんな「壁」なんて、本来必要ないのだろう。
「ブルース」という、
ジャズとロックにとっての「共通の言語」があるわけだから・・。
[PR]
by boppuccino | 2006-09-12 01:01 | sounds
<< history of &quo... Are you Jazz or... >>