Double Knock Out are back?

今までに影響を受けたミュージシャン,と言ったら
数え切れないぐらい存在するが
自分のプロフィールなどでは
「影響を受けたミュージシャン」として,
細野晴臣氏やジョージィ・フェイム,
ベン・シドランあたり挙げるようにしている。

だが「音楽以外で」影響を受けたミュージシャン,と言ったら?

僕の場合,「音楽以外で」最も影響を受けたのは,
この人達しか考えられない。

フリッパーズ・ギター(Flipper's Guitar)。

1989年にメジャーデビュー。
3枚のアルバムを発表し,1991年には解散。
あれからもう15年も経っているなんて・・・・。

小山田圭吾と小沢健二。
二人は中学時代,自由な校風で知られる
私立の「W学園」に通っていたのは有名な話だが,
実は僕も,中学校だけその「W学園」に通っていた。

そしてちょうど僕が中学生の時に,
彼らはメジャーデビューを果たした。
そんなわけで,フリッパーズの名前は
学校でも少し話題になっていたし,
僕も当然のように興味を持った。

フリッパーズの音楽の,
そのセンスの良さにはもちろん惹かれたが
僕は音楽そのものというより,
彼らのファッション,彼らの発言,彼らの態度,
彼らが好きなもの,
要するにフリッパーズすべてに,惹かれていった。

それは何故かと言うと,
当時は単にそのカッコ良さ,お洒落さに惹かれたわけだが,
今思い返して思うのは,
フリッパーズは自分達が好きなもの,かっこいいと思うものを,
いつもハッキリと示してくれたし,
逆にダサいもの,許せないものに対しては,
容赦なく軽蔑の態度をとっていた。
(こういうところがいかにも「W学園」出身だな,と思う。)

そんな彼らは,当時の大人達にしてみれば
「生意気で,斜に構えたガキ」に見えたのだろうが,
僕にとっては逆に,フリッパーズこそが数少ない
「信用できる大人」であった。

当時フリッパーズは音楽雑誌だけでなく,
ファッション雑誌などにもよく登場していた。
そういった雑誌の写真を見ては
どんなファッションをしているか,
どんなスニーカーを履いているか・・・をチェックし,
インタビューや対談を読んでは,
何がカッコ良くて何がダサいのか・・・をチェックした。
もちろんフリッパーズの登場するページは
スクラップして保管したものだ(笑)。
c0077105_23545578.gif



さて,そんなフリッパーズのアルバムが
つい先日、8月25日に
リマスタリング&紙ジャケット仕様で再発され,
渋谷系ラヴァーや元オリーブ少女たちの間では
静かな話題になっている。

今後フリッパーズ・ギターが,
時代と共にどのような評価をされてゆくのか,興味深い。
[PR]
by boppuccino | 2006-09-02 01:01 | people
<< Jazz funk will ... good bye old sh... >>