good bye old shoes shop

8月31日。

8月最後の日。
とある町の,とある靴屋が,
この日を最後に,その長い歴史に幕を閉じるという。

その靴屋とは,
かつてはどこの商店街にも存在したような
「昭和の匂い」のする,町の靴屋さんだ。

聞くところによると,
創業は何と今から100年以上も前の
「履物屋」だという・・・。
昭和どころか江戸時代末期・・・・。


c0077105_1433397.gif

時代の流れとともに,また一軒,
商店街から個人経営の古い店が消えてしまうのは悲しい事だが,
まあこのセンスでは仕方がないのかな・・・
という気も,しないわけではない・・・。

さて,何故そんなお店の事を
ここで取り上げたかと言うと,
その「店じまいセール」が,かなり凄かったのだ。

歴史あるお店だけに,
過去に売れ残った古いスニーカーの在庫もかなりあったようで,
そういったアイテムを,この機会に一挙大放出していた。
それも驚きの激安プライスで・・・・。

僕が特に注目したのは
made in U.S.A時代のコンバースだったのだが,
残念ながらメンズサイズは残っていなかった。

が,しかし,レディースサイズなら,
アメリカ製の「オールスター」や「ジャックパーセル」などが
何と7〜8割引きで売られていた。
古着屋だったら
逆にプレミアが付いていてもおかしくないというのに・・・・。

そこまで安いと,たとえ自分では履けなくても
鑑賞用に一足,買っちゃいますよね?


c0077105_1451446.gif

写真は左がコンバース・レザージャックパーセル。
made in U.S.A。レディースサイズ。鑑賞用。
購入価格は何と・・・2000円。

右がニューバランス・CM321。
1994年に出た復刻版。
残念ながらmade in U.S.Aではなく中国製だが,
購入価格は,な,な,何と・・・たったの500円!
サイズもピッタリ。
こういうことがあるから,
アメカジはやめられませんね。

最後の最後にビッグ・プレゼントを残し,
その長い歴史に幕を閉じる「オリンピア靴店」。
ここで改めて敬意を表したい。
[PR]
by boppuccino | 2006-09-01 23:59 | place
<< Double Knock Ou... living legend, ... >>