living legend, Toshiko Akiyoshi

ジャズピアニスト・秋吉敏子。

日本人ジャズミュージシャンの「草分け」的存在。
日本人で初めて米国バークリー音楽院に留学したのも彼女だ。
1929年生まれ。76歳の今も、バリバリの現役である。

そんな秋吉さんが1年ほど前に、
NHKの「教養講座」のような番組にシリーズ出演した。

どういう番組かというと、
彼女がカメラの前に座りその半生や、
自身の音楽についてなどを、ひたすら語る、
聞き手もゲストもいない。ずっと一人で語り続ける。
そんな番組だった。

そしてVTRもほとんどないし、
彼女の演奏シーンすらほとんどなかった。
とにかく「語り」のみに焦点を絞った、興味深い番組だった。

そんな番組の中で、最も印象に残っている言葉がある。

彼女がアメリカで
ジャズミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせたものの、
なかなか評価されなかった頃について語っていた時の言葉だ。

「死んでからが勝負だ、と思うようにした。」

どういうことかというと、
自分の音楽は、今は評価されていないし、
もしかしたら自分が生きている間は評価されないかもしれない。
でも自分が死んだ後になって評価されるかもしれない、
それでもいいじゃないか。
それを希望に頑張ろうと思った、ということだ。

この言葉を聞いた時は、
「そういう考え方もあるのか・・・」とただ驚いた。

自分自身ではそんな事、全く考えたこともなかった。
「生きているうちに」どころか3年後、いや1年後、
そんなすぐ目先の結果ばかり求めてはうまくいかず、
いつも苛立っていたように思い、自分の小ささを思い知らされた。

この言葉を聞いてから、
自分の考え方も少しだけ変わったような気がする。

さて、
秋吉さんはジャズピアニストでありながら
ずっと自身のビッグバンドを率いてきた。
そしてビッグバンドのための作曲やアレンジに
時間を割いてばかりで、
ずっとピアノの練習が思うように出来なかった、と言う。

そして「もっとピアノが上手くなりたい」という理由で
2002年に、永年率いたビッグバンドを解散させた。

その時すでに70歳を超えていたわけで、
その向上心・情熱には、本当に感嘆するばかりである。

偉大なジャズピアニストに、改めて敬意を表したい。
[PR]
by boppuccino | 2006-08-31 00:06 | people
<< good bye old sh... 3rd issue of ma... >>