story of Ameyoko

ファッション誌によくある「東京お買い物マップ」。
そこで紹介される街といえば、
青山、渋谷、代官山、原宿あたり。

あとは、雑誌によっては銀座かもしれないし、
もしくは下北沢や吉祥寺かもしれない。

いずれにしても今、お買い物マップで、
「上野アメ横」が紹介されることは、まずないだろう。

c0077105_0263268.gif


東京・上野にある「アメ横」は、
「アメヤ横丁」の略で、
正式名称は「上野食品雑貨協同組合」だそう。
そのルーツは、やはり終戦直後の闇市だったという。

ちなみに「アメヤ横丁」のネーミングは
当時「飴屋」が流行し、
たくさん並んだことから名付けられたそう。

さて、そんなアメ横だが、
アメカジ派にとってはある種の「聖地」と言える。
いや、それだけではなく、
今の日本のカジュアルファッションの原点は、
アメ横にあると言っても、過言ではないかもしれない。

それは何故か・・・・?

当時のアメ横には、
食料品を売る店と並んで、
進駐軍からの払い下げの衣料などを売る店が多数存在したそうだ。
物資の不足した時代に、それは大変貴重であったという。

やがてアメ横では、
進駐軍の兵士たちが履いていたデニムのパンツが、
GIが履いているパンツということで「Gパン」と呼ばれ、
人気を集めた。

当初Gパンはあくまでも作業着として扱われていたらしいが、
昭和30年代になると、若者たちの間でGパンは
ファッションアイテムとして爆発的な人気になったそうだ。

日本で初めて、「Gパン」を売った街が、アメ横だったのだ・・・・。

ちなみに・・・・
今やセレクトショップの雄として
確固たる地位を築いている「シップス(SHIPS)」も、
そのルーツは1952年(昭和27年)に
アメ横で開業した「三浦商店」だった。
当時のお店の広さは、たったの一坪ほどだったという。

その後、三浦商店は1975年(昭和50年)に、
今では一種の伝説にもなっているショップ
「ミウラ&サンズ」を渋谷に出店。
全ての商品はアメリカからの輸入品だったという。

「シップス」がスタートするのは1977年(昭和52年)。
かつての「三浦商店」がここまで発展するなんて、
おそらく誰も予想しなかったはずだ。

さて、最後に・・・・
「今のアメ横」はどうなっているかというと、
「昭和と平成のミックス」とでもいうような、
非常に混沌とした状態で、それが刺激的で面白い。

そしてアメカジ派にとっては、
相変わらずの「聖地」であり続けている。
「玉美」「ハナカワ」「ヤヨイ」など、
敬意を表したいお店が多数存在する。

そして極めつけ、とも言えるのが
アメ横センタービル1Fにある「守屋商店」。

c0077105_028830.gif


30年以上も前のアメリカ製の服を平然と売っている・・・。
しかも狭い店内に商品を平積みしすぎて、
下の方に何があるのか、ほとんどわからない・・・。
ものすごいお宝アイテムが
眠っていることだけは間違いないんだけど・・・・。

こういうお店にはやはり、
年に一度は「巡礼」しておくべきだと思う。
そんな「聖地」アメ横に、改めて敬意を表したい。
[PR]
by boppuccino | 2006-08-29 01:01 | place
<< 3rd issue of ma... Off the wall! >>