FREITAG gallery

時代は変わる。
人も、街も、メッセンジャーバッグも・・・。

「人混みが嫌い」という人は多い。
僕も決して得意ではない。
だが、街行く人々を眺めるのは好きだ。

特に、行き交う人々の背中の
カラフルなメッセンジャーバッグを眺めるのが好きだ。

メッセンジャーバッグとは、
もともとニューヨークのメッセンジャーが使っているような
肩から「たすき型」にかけるショルダーバッグのこと。
ちなみにメッセンジャーとは
自転車で書類などをデリバリーする職業。

本物のメッセンジャーが使っているバッグは
横幅がけっこうあり、デカい。
そしてストラップを思いっきり短めにセットし、
バッグを体に巻き付けるように装着する。

それが自転車に乗ったまま荷物を出し入れするのに
ベストなセッティングだという。

なので僕らもメッセンジャーバッグを使うときは
あえてストラップ短め、ピチピチのセッティングでいきたい。

さて、ここ1〜2年で、
街行く人々のメッセンジャーバッグ事情も
だいぶ変わってきている気がする。

その新勢力は・・・・・?
間違いなく、「フライターグ(FREITAG)」だと思う。
とにかくフライターグのバッグ、最近よく見かける。

フライターグは1993年スイスで、
フライターグ兄弟によって設立されたという。
その素材にトラックの幌などを
リサイクルして使っているのが特徴で、
リサイクル素材ゆえ、同じ柄は二つと存在しないという。

全てが一点モノ。全てがビンテージ・・・。

とあれこれ言ったわりには、
自分はフライターグのバッグを持っていないので、
最後に、街で見かけたフライターグの
美しいバッグをここで紹介します。
c0077105_1215426.gif

c0077105_1231152.gif

[PR]
by boppuccino | 2006-08-10 01:11 | products
<< text of hip music piano man in th... >>