piano man in the lounge

「ラウンジは 遠くにありて 想ふもの」
そんな有名な句があったと思うが、
誰が詠んだのか、思い出せない・・・。

さて、数年前から音楽のカテゴリーに
「ラウンジ系」という言葉が定着した。

「ラウンジ系DJ」
「ラウンジ系コンピレーションアルバム」
「ラウンジ系クラブイベント」等々・・・・

「ラウンジ系」とは、
ダンスフロア向けの音楽よりややソフトな
「オトナの和み系音楽」を表す言葉として
今では幅広く使われているように思う。

では実際に、
「ラウンジ」とはいかなる場所か?

何となくイメージはできるが、
例えば「麻布十番のピアノラウンジ」と言われても、
実際行ったこともないし、
ピンと来ない人も多いのでは?

麻布十番のラウンジ、こんな具合です。

c0077105_1481096.gif

ここはかなり新しいお店なので、
スタイリッシュな感じ。
古い店だと、また違う雰囲気になると思う。
どの店にも共通するのは「いやらしさ」か?

・・・と、そこに現れた謎のピアノマン。
鍵盤の前に座り、ポロポロッと弾き出した曲は
「あなたと夜と音楽と」
ム、ムーディー・・・・。

が、ピアノマン、
その足元をよく見ると何と・・・・ビルケン。
しかも内股・・・。

c0077105_1493524.gif

ビルケンシュトックのドレスシューズ 「FOOTPRINTS」。
あまり見かけないかもしれないが、
さすがビルケンだけあって、履き心地は最高。
見た目もかわいいし・・・・・
・・・・とピアノマンは言っていた。

最後に、
ピアノマンがお気に入りのラウンジ・ミュージックを
紹介してくれた。

c0077105_151239.gif

ラテンジャズのヴィブラフォン奏者、
カル・ジェイダー(Cal Tjader)。

モンゴ・サンタマリアやウィリー・ボボといった、
最強のリズムセクションを従えながらも、
常にクールなラウンジ向けのサウンドを展開している。

そしてヴィブラフォン特有の
「グァァァ〜ン」というヴィブラートの深さと
それを使うタイミングの良さ、全てにおいて素晴らしい。

日本ではヴィブラフォン奏者の数は本当に少ない。
でもいつか共演してみたい・・・・
・・・・と、ピアノマンは言っていた。
[PR]
by boppuccino | 2006-08-09 01:11 | place
<< FREITAG gallery change for unch... >>