change for unchangeable spirits

「変わり続けるのさ 変わらない為に・・・」
僕の好きなミュージシャン、Caravanの曲の中のワンフレーズ。
一見、逆説的にも聞こえるが、その言葉の意味するものは・・・・?

さて、吉祥寺に「ハモニカ横丁」というアーケード街がある。
(正式には「ハーモニカ横丁」らしい)
以前にここで書いた、
下北沢の「下北沢駅前食品市場」と同様に、
「ハモニカ横丁」も、おそらく終戦直後の「闇市」を
そのルーツに持つであろう、昭和の匂いのする一角だ。

c0077105_0331258.gif


そのハモニカ横丁に一軒のアメカジショップがある。
その名は「ウエスタン(WESTERN)」

c0077105_0344273.gif


下北沢の「アメリカ屋」同様、終戦直後に創業したという
老舗のジーンズショップだが、
昔のままの佇まいを残す下北沢「アメリカ屋」とは対照的に、
今年の春に店内を改装したばかりで、お店はピカピカだ。

品揃えも、「ハリウッドランチマーケット」系の服を多く揃え、
非常に現代的なセレクション。
その中に少しだけ古いアメリカ製のデッドストックの服が
混ざっていたりして、それがまた面白い。

いや、「ウエスタン」だけでなく、
ハモニカ横丁全体が、活気があり、新しいお店も多く、
伝統は感じても、古臭さは感じさせない。

駅前の再開発問題に揺れる下北沢駅前食品市場と
ハモニカ横丁を比較するのはフェアではないのかもしれないが、
両者を比べるとつい
「変わらない為に、変わり続ける」という言葉が頭をよぎってしまう。

自分もまた「変わらない為に、変わり続ける」を
実践していきたいと思う。

さて、最後に・・・・、
吉祥寺にあるお気に入りの古着屋を紹介。
吉祥寺駅公園口を出て、
何軒か右のビルの2階にある古着屋「nico」。

c0077105_036332.gif


比較的最近出来たらしいが、
お店の雰囲気、品揃え、BGM、ともにシックでクール。
そして店員さんの態度も非常にクール。
いや、感じが悪いというわけではありませんよ。
営業時間も23:00まで、とこれまたクールですね。

矢舟テツロー・ライブatスターパインズカフェの前などに
ぜひチェックしてみて下さい。
[PR]
by boppuccino | 2006-08-08 01:01 | place
<< piano man in th... the century of ... >>