Dep is dead ?

かつて、当たり前のように手に入ると思っていたモノが、
いつの間にか消えている。
そして多くの人は、
それが消えてしまったことにすら気付かない・・・。

僕が十代の頃、最も「イカす」整髪料といえば「Dep」だった。
アメリカ製のカラフルなジェルに、多くのガキが憧れた。
ちなみにDep、
「デップ」と読む人と「ディップ」と読む人がいるが、
僕はずっと「デップ」と読んできたので、
ここでは「デップ」で通します。

当時は男子の髪形は今より全体的に短かった気がする。
ゆえに「デップでツンツン」がステイタスであった。

が、時代の流れとともに
いつの間にかデップのような「ジェル」は
整髪料の中でも少数派になり、
「マット」な仕上がりが
時代の「気分」になっていた。
かくいう私も「ワックス派」になりかけていた・・・。

が、ワックスって
髪洗ってもごわごわしていて、
落ちていない気がする。
デップの時はそんなこと一度もなかった。

やっぱデップだわ・・・・。

そう思って買いに出かけたが、
かつてはどこのドラッグストアでも
当たり前のように存在したデップが、
どこにも売ってない・・・。
もちろん他のメーカーのジェルはあるのだが・・・。

心の中のもやもやが消えない・・・・。

デップ探しの旅に出た。
デップを求めてどこまでも。

あった・・・。

ついに見つけたデップ。
それは意外にも、東急ハンズの美容用品フロアにあった。
c0077105_126299.gif

そしてそこには「現品限り」の文字が・・・。
もはやデッドストック・・・。
デップのデッド。デッドのデップ。

アメリカのデップ自体がもう生産されていないのか、
それとも日本で売れなくなったので
輸入を止めてしまったのか、どちらなのかはわからない。
たぶん後者だと思うけど、
もしご存知の方がいたら教えて下さい。

そんなわけで、東急ハンズで「大人買い」した
最後のデップを、
今は少しずつ、少しずつ、使っている次第・・・・。

デップ輸入再開求む。
[PR]
by boppuccino | 2006-07-27 01:01 | products
<< Shimokitazawa v... Big Ben >>