If you live, Your time will come

モーズ・アリソンの訃報。

c0077105_01415670.jpg

89歳だそうで、大往生ではありますが、
とても残念、悲しいです。

白人のジャズピアニスト、シンガーですが
ブルースに根ざしたスタイルが彼の特徴で、
とはいえ「コテコテ感」はなく飄々としたクールさが
彼の魅力だったと思います。


彼の音楽を初めて知ったのは、
1990年代の「ジャズ・ファンク・ムーブメント」の時に出ていた
「Something Black」というコンピレーション
(選曲松岡徹氏と荏開津広氏)に収録されていた
「Parchman Farm」という曲。
あまりのクールさに、一発でノックアウト、
「こういうジャズもあるのか・・・」という感じでした。

その後「Parchman Farm」みたいな曲を求めて
彼の作品を聴き漁ったのですが
「当たり」が出る確率は、3割5分ぐらいでした(笑)。


2012年に奇跡(?)の初・日本公演が
ブルーノート東京で行われたのですが
僕は行こうか迷ったまま結局行かず仕舞いでした。

その後すぐに彼は「ライブ引退宣言」をしてしまい、
その時の公演が、
最初で最後の日本公演となてしまい、
やっぱり行っておくべきだったな、と後悔したのですが、
今日訃報を聞いて、
その思いは、さらに強くなりました・・・。

僕が好きな、ベン・シドランやジョージィ・フェイムらとは
ファミリー的な交流があり、
彼らの師匠のような存在でもあったモーズ・アリソン。

彼の偉大な功績に敬意を表しつつ、
ご冥福をお祈りします。

[PR]
by boppuccino | 2016-11-16 23:59 | people
<< 8282 in Tottori Wrangler's ... >>