monologue about CHG<2>

その日、僕は久しぶりに
原宿「CASSIDY HOME GROWN」八木沢氏の
ブログを見ていた。

するとそこには何と、
「いま虜になっている」アーティストとして
あのマテオ・ストーンマンのCDが
紹介されているではありませんか。

マテオ・ストーンマンといえば
日本では「プロダクション・デシネ」からCDを
リリースしていて、
昨年1月の初来日公演では
僕がオープニングアクトを務めさせていただいた(詳細)、
そんなちょっとした縁のあるアーティスト。

「さすが八木沢さん、音楽の趣味もナイスだな。」

なんて思いながら
そういえばキャシディ・ホームグロウンに、
ここのところ全然行ってない。
もう半年、いや1年近く行っていないかも。

行こうと思えばすぐに行ける場所なのに、いや、
行こうと思えばすぐに行ける場所だから全然行かない・・・。

東京の人間の良くないところだと思います。

そんなわけで、久しぶりの
「キャシディ・ホームグロウン」表敬訪問。

c0077105_16434511.jpg






















相変わらずの店構え。

そして八木沢さんも

「あ、どうもこんにちは。蒸し暑いですねボソボソ。」

とお元気そうでした。

さて、この時、
店内に客は自分一人。

でもここで

「ブログ読みましたよ」

とか

「僕、マテオと共演した事あるんですよ」

などと、
こちらからガンガン攻めたりは一切しない、
というか、できないのが、自分(笑)。

とりあえずハンガーにかかっているシャツを
パラパラと見ながら

「アイクのシャツ、それは半袖ですねボソボソ」

と、八木沢さんが話しかけてくるのを
ひたすら待つのが自分のスタイル。

で、最近のアイク・ベーハーのシャツは
「旧タグ」が採用されている話などを
聞かせてもらっていたところ、
入口のドアが空き、
20代と思われるお洒落ボーイが1人、
入ってきた。

「こんにちは。」

「あ、どうもこんにちはボソボソ。」

そしてお洒落ボーイ、

「あのー、ブログで八木沢さんが着けていたネクタイは・・・」

「あのー、ブログで紹介されていたシャツは・・・」

と、グイグイ攻めて行くではありませんか。
どうやらかなり熱心な「八木沢チルドレン」のよう。

そして・・・

「あのー、ブログで紹介されていたCDって
今日ありますか?」

と、果敢に攻め込むお洒落ボーイ。

それを聞いた僕も、心の中で

「来た、マテオ来た・・・」

と、なぜか緊張が高まる(笑)。
もちろん聞いてないフリをしながら。

そして八木沢さんは

「あ、えーっと、マテオの事ですよね。
マテオ、下の名前なんだっけボソボソ。」

と言いながらCDラックを探し出す。

僕が

「ストーンマンですよストーンマン。」

と心の中でつぶやいていると

「あ、あったあった。」

と、CDを再生する八木沢さん。

店内にマテオのソフトな歌声が静かに響く。

ここで

「ボ、ボクはマテオと一緒にライブやった事あるんです。」

と、攻め込むべきか、
攻め込むなら今でしょ。
いやいや、やめておくべきか。

と、迷っていたら、
お洒落ボーイが

「わー、ジャケットもカワイイですよね。」

「八木沢さんって音楽の趣味もお洒落ですよね。」

と、やはりグイグイ攻めていたので
話題に割り込むのはヤメヤメ。

そのまま

「また来ます。」

と挨拶だけして、
店を出たのでした。

これまでも、これからも、
僕は控えめな八木沢チルドレンでありたい、と
改めて思ったのでした。




[PR]
by boppuccino | 2014-07-18 23:59 | place
<< Michiru Hoshino... sim free >>