SHINSEKAI with Kitchen

六本木「音楽実験室・新世界」にてライブ、
無事終了いたしました。

10年来の盟友(?)「キッチン」の
お誘いで実現したイベント。


c0077105_13111990.jpg






















初出演の「新世界」。

「ビルヂング」と表記したくなるような、
「昭和のモダン」を感じる建物。

もともとは小劇場「自由劇場」だった場所。


c0077105_13114093.jpg


















写真ではわかりづらいかもしれませんが
ステージと客席の間に
まるで「濠」のような空間があるのが
何とも不思議でした。

古いヤマハの
木目調アップライトピアノも、
いい雰囲気でした。

さて、今回の主催者「キッチン」は
溝口こうじと霜島ゆかりの男女デュオ。

最初に出会ったのは確か
2000年の冬、
吉祥寺スターパインズカフェでの対バンだったはず。

その時もう一組の対バンは
「桜」で売れる前の
河口恭吾さんだった記憶が。

スターパインズカフェにはその後
何十回と出演させてもらう事になるので
個々のライブの思い出はそんなにないのですが
この日の事はなぜか今でもよく覚えています。

その後「キッチン」と
「ハンバートハンバート」と僕が仲良くなって
一緒にイベントやったり、
僕が当時よくライブをやっていた
池ノ上「ボブテイル」を紹介したり・・・

いや、長くなるので昔話はまたいずれ・・・。


で、そんな「キッチン」ですが
今年2月に6枚目(!)のアルバムをリリース。

最近はゆかりが歌うパートが増えたのが
特徴的なのですが、
彼女の歌声がやはりイイですね。

より深みが増したように感じました。

こうじのギターも、
もちろん深い味わい。

デュオとして円熟しつつも、
あくまでフレッシュさは失っていない、
そんな素敵な二人です。


僕のライブは、トリオで。

ちょっとバタバタした演奏だったかな、と。
だとしたらスイマセン。

個人的にはすごく気持ちいいライブでした。


最後は「キッチン」とセッション。
キッチンの曲と僕の曲、
そして僕の好きな
大滝詠一さんの「夢であえたら」のカヴァー、の3曲。

すごくいい雰囲気で、
楽しかったです。

こういう「作り上げていく」ライブ、
やっぱりいいな、と思いました。

会場に遊びにきてくれたみなさん、
新世界スタッフのみなさん、
そしてキッチンのお二人、
多田、柿澤両氏、
ありがとうございました。


c0077105_01261389.jpg















1.バールに灯ともる頃
2.誰も知らない事ばかり
3.Please Mr.Messenger
4.あまく危険な香り
5.ねてもさめても
6.北京ダック
7.イタリアン・トラットリア
8.ターミナル
9.君は虹ガール
10.会えない時はいつだって

「キッチン」とセッション
1.コーヒー
2.しっぽのブルース
3.夢であえたら

矢舟テツロー(vocal&piano)
多田和弘(bass)
柿澤龍介(drums)

[PR]
by boppuccino | 2014-05-25 23:59 | sounds
<< that old black ... the cheapest GU... >>