The original has returned

発売日からかなり遅れて入手した「POPEYE」。



c0077105_13124755.jpg


特集は「チープシック」。
もちろん大好きなキーワード・・・ですが、
ここで取り上げるのは
「BEAMS」とのタイアップのページ。

「チープシック」に絡めながら
この秋のビームスのアイテムを
紹介するページを眺めていると

「おおっ、これは・・・」



c0077105_13164348.jpg


「パドモア&バーンズ」の靴が
紹介されているではありませんか。

「PADMORE & BARNS」について
それほど詳しいわけではないが、
その名前は以前から知っていた。

もともと、
アイルランドに拠点を構え、
長年にわたりクラークスの靴の
製造を請け負うファクトリーであった
「パドモア&バーンズ」。

が、しかし、1980年代後半になると
クラークスが安い人件費を求めて
生産拠点をベトナムに移してしまう・・・。

長年のパートナーに裏切られた名門ファクトリー、
おそらく閉鎖の危機に直面したはずだが
自らのブランド名「パドモア&バーンズ」の名前で
これまで通りワラビーなどの製造を続けた・・・。

つまり80年代後半以降、
「UK madeのクラークス」にこだわる愛好家であれば
ベトナム製の「クラークス」のワラビーではなく
「パドモア&バーンズ」のワラビーを履くべき、
という話を聞いていた。

いや、でも当時は
クラークスに大して興味がなかったので

「へぇ・・・。」

ぐらいにしか思ってなかったが、
ここ数年なぜか
クラークス大好きになってしまったため、
「パドモア&バーンズ」の記事を見て

「おおっ。」

と思てしまった次第。

あれ、でも
「パドモア&バーンズ」って
たしか2000年あたりに
結局倒産してしまったのでは?

日本のメーカーがブランド名だけ買い取って
復刻させたのかな?

と思ってちょっと調べたら、
ちゃんと英語のサイトも存在しました。

http://www.padmore-barnes.com/

そこには

「The original has returned」

の文字も。

詳しい事はよくわかりませんが、
この秋から過去の名作も完全復活、ということで
とにかく喜ばしい限りです。

今後の「パドモア&バーンズ」の展開に
期待したいです。



で、最後にワラビーと言えばこの曲を・・・。


[PR]
by boppuccino | 2013-08-24 23:59 | products
<< Tetsuro's g... details of snea... >>