the story of MELO and MEI

今から5年前の冬、
深夜に梅酒ロックをちびちび飲んでは
こんな事をつぶやいている男がいた(詳細)。

「メロ・・・好きだったのに。」

「メイ・・・今ごろどうしてるんだろ?」

メロ?
メイ?

むかし好きだった女子の名前か?
まだあきらめきれないのか?
引きずってるのか?
「月9」の主人公を気取ってるのか?

いやいや、違う。
メロもメイも、女子の名前ではない。

では何かというと・・・「MELO」と「MEI」。
両方とも、アメリカの
アウトドア系バッグブランド。



「EAST PAK」や「OUTDOOR PRODUCTS」ほど
メジャーではなかったにせよ、
かつてのアメカジ全盛期には
アメカジショップに行けば容易に手に入る
「made in U.S.A」のバッグとして
確固たる地位を築いていた。

が、しかし、
やがて訪れる「アメカジ冬の時代」になると
どちらのブランドも、影を潜めてしまう。

そして二人は、対照的な道を歩んだのであった。



「MELO」は日本のどこかのメーカーが
ライセンス契約でも結んだのか、
かつてのストイックな美少女の面影は完全に消え、
カラフルでチープなバッグやポーチを
どこにでもある雑貨店などで見かけるようになる。

そこから「made in U.S.A」の文字は、
消えていた・・・。



高校時代、
町で一番の美少女だったメロ。
陸上部のエースだったメロ。

だが大学進学を機に上京、
東京の汚れた空気の中でいつの間にか
どこにでもいる
ありふれた女の子になってしまった。

「メロ、どうして・・・。」

「またあの頃のように、走って欲しい。」

だって、走っている時の横顔が
一番美しかったから・・・。

でもメロの答えは、
いつもこうだった。

「もういいの。」

「あの町で特別扱いされても、
東京じゃ普通の女の子だし。その方が楽。」

そのまま5年の歳月が流れ
彼女との連絡も、
いつの間にか途絶えてしまった。

メロがこの5年間、
一度も帰っていないという故郷の駅には、
彼女がインターハイで優勝した時の写真が
ポスターになって今でも飾られている。

あの頃の面影を残して・・・。



一方の「MEI」。

「MELO」と並んで、
お手頃かつ通好みなアメカジブランドとして
人気だった「MEI」。

が、こちらもアメカジ冬の時代になると
徐々に姿を消してしまう。

が、しかし・・・
5年ほど前にあの「ネペンテス」の手によって
「旧タグ」を引っさげての完全復活。
オールド・アメカジファンを歓喜させた。

そしてその後もずっと「ブレない姿勢」を
保ち続けている。



メロの隣町の高校の陸上部のエースだったメイ。
実力は申し分なかったが
高校時代は一度もメロに勝てなかったメイ。
町のアイドルだったメロに比べると
地味な存在であったメイ・・・。

だが彼女は高校卒業後も地元の大学に進学し
黙々とトレーニングを続け、
いつしか陸上界でも名の知れた存在になっていた。
メロが忘れられていくのとは対照的に。

だが、そんな彼女の口癖は、こうだった。

「もう一度、メロと走りたい。」

それはもはや、
叶わぬ夢であると誰もが思っていたのだが、
事態は思わぬ展開に・・・。

2012年の暮れ、
町にニュースが駆け回った。

「メロが帰ってきた。」

いや、それだけではない。

「メロが再び走り出した。」



5年間もの間、
沈黙を守り続けてきたメロが
まさかの復活?

おそらく、いや間違いなく、
東京での生活で何かがあったに違いない。

だがそれは、聞かないでおこう。
知らないままにしておこう。

年が明けてから、
メロと会う事になった。

久しぶりにメロに会うのは
嬉しい反面、少し怖かった。
あの、駅のポスターの写真とは
すっかり変わり果てた姿に
なっているかもしれないから・・・。

緊張しながら待ち合わせの場所で待っていると、
約束の時間より少し遅れて、彼女が現れた。

「メロ!」

本当に、帰ってきてくれたんだね。

そして・・・
あの頃と少しも変わっていない!

「お帰り!メロ!」

「まだ覚えていてくれたんだ・・・。」

「もちろんだよ。また走ってるって本当なの?」

「うん。」

「メイは今すごい活躍してるよ。」

「知ってるよ。私はブランクあるし、もうかなわないね。」

そして彼女は続けた。

「これからは自分のために走るよ。」

大丈夫、今の君なら
きっとまたメイと並んで走れるよ。

c0077105_11305054.jpg


c0077105_1130534.jpg


c0077105_11302763.jpg


c0077105_11305677.jpg


c0077105_1131079.gif




というわけで、
1985年にジム・メルヴィルによって創業された
ニューヨーク発のバッグブランド「MELO」が
2013年、「made in U.S.A」で完全復活。

復活祝いの完全な妄想ストーリーは
すべてフィクションですのでご了承ください(笑)。

「MELO」の今後の展開に期待したいです。
[PR]
by boppuccino | 2013-07-17 23:59 | products
<< curry of summer colored cable >>