Bob Dorough in Tokyo

ボブ・ドロウ、89歳。
まさに奇跡の初来日公演。
場所は東京・青山「ブルーノート東京」。

2日間公演の2日目のセカンドステージを観てきました。

観戦メンバーは、
大阪からわざわざ駆けつけた
シンガーソングライター・スチョリ氏と
僕のライブにもよく参加してもらっている
サックス奏者・ギンさんこと山崎浩氏、
そしてライターの中林直樹氏、といった面々。

まさに「ヒップミュージック愛好家」たち。
ぼくにとってはかけがえのない人脈であります。



c0077105_1351090.jpg


かなり久しぶりのブルーノート東京。
10年ぶりぐらいかも・・・。

さて、いよいよライブ開始。

前日のステージがとても良かったというウワサを
すでに聞いていたので、わりと安心していたのですが、
ウワサの通りボブ・ドロウ大先生、
本当にお元気そうで、若々しくて、
ピアノもまだまだ健在、
歌声なんてまったく昔のまま、
しかも茶目っ気たっぷりで
本当に素敵な歳のとり方、素晴らしい人生だな、と
思ってしまいました。

「devil may care」、
そして「I'm Hip」も聴けて大満足。

最初で最後の来日公演だと思い込んでましたが、
ひょっとすると来年もあるかも・・・。

次はデイブ・フリッシュバーグと一緒に、
なんて無理かな・・・?


それはともかく、
いつまでもお元気でいて欲しいですね。



ブルーノート東京のサイトに
ライブの写真と原田和典さんによるレポートが
掲載されています。


c0077105_1454881.jpg

www.bluenote.co.jp
[PR]
by boppuccino | 2013-06-29 23:59 | sounds
<< Must for summer new balance 574 >>