the mistake of chino pants

前回、「サンタモニカ」で買った
「ガンホー」のパンツを紹介しましたが、
実はこの時もう1本、
「思わず」買ってしまった
パンツがあったのでした。

そのパンツとは、何と・・・・






c0077105_23393410.jpg

「カーキジャングル」のチノパン。
made in U.S.A

「カーキジャングル(KHAKI JUNGLE)」は
かつて「渋カジ」時代に
それなりに見かけたブランド。

当時流行していた「バナナリパブリック」と
通好みの高級アメカジブランド「ブリティッシュカーキ」を
足して2で割ったような、
ちょっと中途半端なイメージがあって
当時はスルーしていたのだが、
久しぶりにブランドロゴを目にすると




c0077105_23435617.jpg


「おおっ、懐かしい・・・。」

「しかも、デッドストック・・・。80'sモノかな?」

「しかも、安い・・・」

お値段は何と、処分価格1980円。

そして、ブランドタグの上に縫い付けられた
サイズ表示タグを見ると、





c0077105_2345080.jpg


「ガンホー」の製品に付くタグと同じ。

ということは、ガンホーと同じ
「アールズアパレル社」の工場で作られた模様。

・・・と、この時点でもはや
「買い」であることは間違いなし。

念のため試着して、即購入。

チープかつナイスなお買い物に、大満足。

のはず、が、しかし・・・・

後になって、重大な事実を見落としていたことが判明。

その事実とは、何と・・・・




c0077105_23504731.jpg


いまどき「ツータック」であった・・・・。

ガーン・・・。

「ツータックのチノパン」といえば
80年代〜「渋カジ」時代には
あたりまえのアイテムだったが、
ある時期から、チノパンはノータックが主流。

いつしか「ツータックのチノパン」は
おっさん臭いアイテムの代表格に・・・。

改めて履いてみると、
太もものあたりのふくらみが、
うーん、野暮ったい・・・笑

いや、でも「ケミカルウォッシュのジーンズ」が
まさかの復権を果たしたように、
ツータックのチノパンも、
そろそろ「来る」のか?

いや、来ないか・・・。

せっかく買ったけど、
とりあえずしばらくの間、
着用は控えておきます。
[PR]
by boppuccino | 2012-04-16 23:59 | products
<< good old henry rip stop GUNG HO >>