Shoubu Jacket by Steven Alan

この秋冬のライブ衣装として導入した、
個人的には「入魂(?)」のアイテム。







c0077105_15485360.jpg


「Steven Alan」のジャケット。

スティーブン・アランは
日本でもここ数年で
すっかりおなじみになった
NYのデザイナーズブランド。

あえて「クシャクシャ」っとした
仕上がりのシャツなど、
今や多くのセレクトショップが
そのディテールをパクっているようだが、
僕が知る限り、
最初にスティーブン・アランを見かけたのは
原宿「キャシディ」。

もう10年近く前から
さりげなく置いてあったような気がする。

その「先見性」に、改めて敬意を表したいです。

そして、スティーブン・アランといえば
アメカジファンにとっては
「made in U.S.A」にこだわるブランドとしても
絶大な信頼を得ているが、
このジャケットは「made in Canada」。

裾の部分の「クシャクシャ感」に
スティーブンっぽさを感じてください。
さっきまでイスに座っていて
クシャクシャになったわけではないんです(笑)。



さて、ここまで読んで

「え、スティーブン・アランのジャケット?」
「高すぎない・・・?」

と思ったアメカジ派ピープルは多いはず。

いや、もちろん僕も、その一人。

シャツですら2万円を軽く超えるスティーブン・アラン。
ジャケットは軽く5万円オーバー、のはずですが、
このジャケット、
某セレクトショップのアウトレットにて、
1着だけ置いてあるのを発見。

気になるお値段は、何と1万円台。

7割引ぐらいでしょうか・・・?
超・お買い得でした。



ところで、こういう高いジャケットって、
だいたい裏地がやたら派手だったりしますが、
コレもまた然り。




c0077105_15491535.jpg


この裏地のチェックを
さりげなーく見せつけられるようになれば
あなたもオシャレ上級者、ですね。
[PR]
by boppuccino | 2011-12-13 23:59 | products
<< winter tie coll... Fender Rhodes a... >>