the interview to Wouter

前回書いた通り、
来日中のウーター・ヘメルに、
本当に会ってきました。




c0077105_202334.jpg


で、何でいきなり「世界の」ウーターに
会える事になったかというと,
以前からお世話になってる中林直樹氏が
彼が連載している音楽サイトで
ウーターにインタビューするというので
そこに同席させてもらったのです。
(写真左が中林氏)

最初は「見学」ぐらいのつもりだったのですが、
中林さんの計らいもあって、
いくつか質問も、させていただきました。

人生初の「インタビュアー」のお相手が
ウーターとは、なんとも贅沢な・・・笑

インタビューの内容は後日
音楽サイト「music shelf」に
中林さんの文章によって掲載されるので
ここには書きませんが、
間近で接したウーター、予想通り、
とても謙虚なナイスガイでした。

「感謝を忘れない」という発言を
何度もしていたのが印象的でした。

そして

「僕だってほんの6年前にはまだ自分の曲のデモ音源を
自分で封筒に入れてレコード会社に郵送していたんだ。」

という発言が、印象深かったです。

ちなみに、ウーターに
僕のアルバム「SONGS」と「age of vintage」を
プレゼントしましたよ。

「slide down」の感想、聞いてみたいですね。



今回、貴重な機会を与えてくれた
中林さん、music shelfの福嶋さん、中村さん、
そしてユニバーサルミュージックの皆様、
どうもありがとうございました。
[PR]
by boppuccino | 2011-11-16 23:59 | people
<< live at Roma-Reco Wouter in Tokyo... >>