herringbone for the sweat

久しぶりに「アメアパ」こと
アメリカンアパレルで、お買い物。





c0077105_031125.jpg

American Apparel のスウェット
made in U.S.A

スウェット、といってもかなり薄手。
スウェットとTシャツの中間ぐらい。

そしてグっと来るディテールは、
生地が「ヘリンボーン」であること。




c0077105_0381516.jpg


「にしんの骨」を意味する「ヘリンボーン」。
そのジグザグな生地の織り方を例えた表現。

アメカジだとオーバーオールなどの
ワークウェアでよく見かけますが、
スウェットでヘリンボーンが採用されているのは、
けっこう珍しいですよね。

肌触りがとてもいいです。
そしてスウェットっぽくないカラーも、ナイス。

とはいえこのスウェット、
サイズがかなり日本人離れしている模様。

丈は短めで「今っぽい」のですが、
袖がとにかく、長い・・・。

丈が短いので
本当は少し大きめのサイズを
ダボッと着たかったのですが、
そうすると袖がものすごく余ってしまうので、
断念しました。

なんかアメアパの服って
一見「万人向け」のフリして
けっこう着る人を選びますよね。

まあ、そこが好きなところでもありますが。

そして最後に・・・・

「日本人離れ」しているのは服だけではなく
店員さんも・・・。

相変わらずの個性的すぎるファッション、さすが。
どこまでも突っ走ってほしいです。
[PR]
by boppuccino | 2011-11-11 23:59 | products
<< Wouter in Tokyo... the town of art... >>