the town of art and noodle

東京における
「セルフ讃岐うどんチェーン店」といえば
かつては「はなまるうどん」の
「一人勝ち」状態であったが
ここ数年、「丸亀製麺」の急速な台頭が
あまりにも顕著だ。

そのせいもあってか、
東京の(マニアではない)讃岐うどん好きピープルの間では

「丸亀=讃岐うどんの聖地」

というようなイメージが
なんとなく定着しつつあるようだ。

(実際に「丸亀製麺」は
丸亀市には存在しないらしいが・・・。)

もちろん僕も、
お気楽讃岐うどん愛好家の一人として、

「香川に行くなら、丸亀に行っておけば間違いない。」

という判断のもと、いざ、丸亀へ。

東京・月島における
「もんじゃストリート」のような賑わいを
想像しながら、JR丸亀駅の改札を出てみると・・・





c0077105_2359538.jpg


「アレ?人が全然いない・・・。」

「うどん屋も見当たらない・・・。」

おかしいな、と思いながら
あたりを見回すと・・・・

「おおっ、これは・・・。」

アーシーな雰囲気たっぷりの駅前に、
突如出現する、「アートな」建物。





c0077105_2305291.jpg


「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」

丸亀市出身の画家・猪熊弦一郎。

その作品の多くを丸亀市に寄贈しているらしく
JR丸亀駅の目の前にでっかい美術館が
いきなり出現するのです。

ちなみに、いのくまげんいちろう。
天龍源一郎ではないのでご注意。




c0077105_2323071.jpg


他の建物と、かなりギャップが・・・。




c0077105_2324917.jpg


これは美術館側から見た丸亀駅。
日曜日でも、人通りはほとんどない・・・。

いや、でも、美術館の中に入ると、
たくさんの人が、いるんですね。

それも、「OZ magazine」の
「アートな旅特集」あたりを読んでそうな
お洒落カップルでいっぱい・・・・。





c0077105_2355527.jpg


ゲートプラザの壁画「創造の広場」に
どことなく「北欧テイスト」を、
感じてしまいます。

館内はもちろん撮影不可なのですが、
かなり良かったです。



で、最後に・・・

うどんももちろん、ありましたよ。



c0077105_014435.jpg


うどんとアートの街・丸亀。
また行きたいです。
[PR]
by boppuccino | 2011-11-07 23:59 | place
<< herringbone for... piano,voice and... >>