Naoshima Gallery vol.1

先日、友人の元・オリーブ少女と久々に会った。

ちなみに彼女、
いまだに「フリッパーズギター」の曲名を
メールアドレスに使っているような、
バリバリの元・オリーブ少女。

年齢は・・・「アラサー」とだけ書いておこう。



私「ひさしぶり。」

オリーブ「ひさしぶりー。」

私「何飲む?ビール?」

オリーブ「ビールー。」

私「すいません、ビール2つ。あ、瓶でね(笑)。」

オリーブ「(笑)」

私「今度、大阪と香川でライブやるんだ。」

オリーブ「へー。いいなぁたこ焼き。いいなぁうどん。」

と、この時点では
それほど興味を示さなかった彼女。

だが、次の一言で、事態は急変。



私「帰りに直島に行こうか迷ってるんだけど。」

オ「え、えっ?今なんて言った?」

私「いや、直島、行こうかなー、みたいな。」

オ「なっ、なっ、なおっ、直島っ!!」

私「あ、いや、でもめんどくさいから行かないかも。」

オ「ダメダメダメダメッ。絶対。行くべきだよ。」
  
私「あ・・うん、わかった。行く行く。」

オ「あー私も行きたい行きたい行っちゃおうかなー
     あーダメだダメだその日仕事だーあー行きたいよー。」

私「まぁまぁ落ち着いて。」

オ「あー行きたいよー行きたいよー。」

私「まぁまぁまぁまぁ落ち着いて落ち着いて。」

オ「やだよーやだよー行きたいよー行きたいよー。」

以下延々と続く・・・・。



このような元・オリーブ少女、あるいは
現在「oz magazine」を愛読しているような
「乙女テイスト」を持った女性に
特別な響きを持つ「直島」。

1990年代から「ベネッセ」が
様々なアート関連の施設を作り始め
2000年代に入りその施設はさらに充実。

そして2010年に開催された
「瀬戸内国際芸術祭2010」で
その評価は決定的なものとなった。

いや、ボクも昨年知ったわけですが・・・。



そんなわけで、
元・オリーブ少女の

「私の代わりに絶対行ってきて。」

という後押しもあり、
香川から東京へ戻る前に、直島へと
向かったのであった・・・。




c0077105_12561182.jpg

高松からフェリーで。




c0077105_12563373.jpg

「昭和のラグジュアリー」テイスト満載な客室。




c0077105_12565389.jpg

美しい瀬戸内海。




c0077105_12571970.jpg

おお、見えてきた・・・。




c0077105_125877.jpg

有名な物体が見える。いよいよ上陸。




c0077105_12595040.jpg

最高の風景。来てよかった。




c0077105_12592056.jpg

おっ、あの物体は・・・




c0077105_130957.jpg

気分は「oz magazine・アートな旅特集」です。




c0077105_13159100.jpg

観光客は多いけど、少し歩けば
ほぼプライベートビーチ・・・。最高です。




c0077105_131245.jpg

ベネッセのホテル。泊まってませんけど。




c0077105_1322334.jpg


海岸近くのあちこちにオブジェが・・・

c0077105_133393.jpg


c0077105_133318.jpg


c0077105_1335371.jpg


(vol.2に続く)
[PR]
by boppuccino | 2011-10-19 23:59 | place
<< 8282 in Kumamoto Naoshima Galler... >>