追悼・中村とうよう

「ミュージックマガジン」の創設者である、
音楽評論家の中村とうようさんが亡くなった、とのニュース。

どうやら自殺であるらしい、ということ・・・。

何故なのかは、僕には知る由もありませんが、
とにかくショックです。

僕は十代後半〜二十代前半にかけて、
かなり熱心な「ミュージックマガジン」読者で、
とうようさんの文章から、
絶大な影響を受けていたのでした。

まだ自分の中で「良い」「良くない」の
判断基準が確立されていない頃だったので、
とうようさんの妥協のない批評精神を
絶対的に信頼していたのです。




c0077105_07203.jpg


昔の「MUSIC MAGAZINE」を古本屋で探したり・・・
とうようさんの著作も、ずいぶん読みました。

大作「大衆音楽の真実」も、たしか大学生の時に読破。

今だったら、果たして読むかどうか・・・。



そんなとうようさんの文章、
実を言うと、ここ何年かは、
ほとんど読まなくなってしまいました。

その理由を説明するのは難しいのですが、
とうようさんの、どんな事にも屈しない、
妥協のない頑固な姿勢に

「自分はとてもここまで強くなれない・・・」

と思ったのと、
かつてあまりにも信頼しすぎていた自分自身が
イヤになってしまったのとで、
いつのまにか遠ざけてしまったのかな、と思います。

つまり、変わってしまったのは僕のほうで、
とうようさんはきっと、今でもずっと変わらず、
どんな事にも屈しない、
頑固で強い老人のままでいるんだろうな、と思っていたのですが、
まさかこんな最期になるとは・・・。



人間って、人生って、
本当にわからないものだな、と思います。



僕にたくさんの素晴らしい音楽を教えてくれた
中村とうようさんに、心から感謝したいと思います。

ご冥福をお祈りします。
[PR]
by boppuccino | 2011-07-21 23:51 | people
<< here comes the ... archives of POP... >>