Round House rounds around the world

古着屋のネルシャツコーナーというと、
厚手のネルシャツコーナーと
薄手のネルシャツコーナーで
なんとなく別れていることが多い。

で、華やかなのはやはり厚手ネルコーナー。

「BIG MAC」を筆頭に
ヴィンテージやレア物を織り交ぜつつ
色鮮やかなネルシャツの数々が
華やかに、誇らしげに並んでいる。

一方、薄手ネルのコーナーは、というと、
「Ozark Trail」だの「Puritan」だの
「古着ブランド百科」には絶対に載らない
超B級ブランドのチープなネルシャツがズラッと並び、
収穫などほとんどないのが実状・・・。

もちろん「made in U.S.A」など
期待してはいけない。

そんなチープ薄手ネルコーナーで
たまたま見つけたナイスなアイテム。






c0077105_2132145.jpg

「ROUND HOUSE(ラウンドハウス)」のネルシャツ
made in U.S.A

「ラウンドハウス」はワークパンツや
オーバーオールで名高い老舗ワークウェアブランド。

いまだにアメリカでの生産を続けていることで
多くのアメカジ派が「畏敬の念」を抱いている。

ちなみに「ラウンドハウス」とは
扇型をした、蒸気機関車の車庫のこと。
つまり、鉄道員のための作業着を作っていたブランド。

そんな「ラウンドハウス」が
以前から作っていた薄手のネルシャツ、
数年前まであの「ネペンテス」でも
必ず取り扱われていて(別注アイテムだったのだろうか)、
お値段もけっこう高かった気がする(1万円台後半ぐらい?)が、
このシャツはおそらくその中の1枚。

ということで、古着といっても、
日本国内で流通したリサイクル品だろう。

お値段はなんと、1900円。
しかも、新品に近い状態・・・。

もしかしたら、閉店したどこかのショップの
倉庫に眠っていた処分品なのかもしれない。

・・・と、
どこにでもありそうな1枚のネルシャツから
ここまで推理・推測できてしまうって
我ながら、どうかしてますね・・・・。

ちなみにコレ、震災前の買い物。

なんだかんだで、
紹介するのが今ごろになってしまいました。

そして、その後また寒さが厳しくなってしまい、
薄手ネルの出番なし・・・。
[PR]
by boppuccino | 2011-03-26 23:59 | products
<< Nagoya & Kyoto live at ruina >>