Bass meets Mark

アメリカン・トラッドの
「最初の一歩」的シューズといえば、
やはりローファー。

で、アメカジ界における
ローファーの入門的ブランドといえば
やはり「バス(Bass)」。

多くのブランド同様、
何年も前にアメリカでの生産を終え、
日本のアメカジショップからも
ほとんど姿を消していたのだが、
ここ数年のアメリカントラッドブームを受け、
最近では「原宿キャシディ」など、
多くのセレクトショップで
再び見かけるようになった。

そんな流れの中で、
そろそろあるかな・・・とは思っていたのですが
いつの間にか、出てました。

made in U.S.A の「Bass」




c0077105_037360.jpg


c0077105_037825.jpg


c0077105_0371446.jpg


詳しくはコチラに。



去年「Walk Over(ウォークオーバー)」を
復活させた事でも知られるアメリカ人デザイナー、
マーク・マクナイリー(Mark McNairy)とバスの
コラボレーション、という形で作られたみたいです。

オシャレじゃないのが売り(?)のバスなのに、
やたらオシャレなのにはそういうワケがあったんですね。

ローファーというよりモカシン的風情が濃厚。

これはこれでナイスですが、
せっかくmade in U.S.Aのバスを復活させるなら、
ごく「普通の」ペニーローファーを
もっと作って欲しかったな、と
思わないでもないです。

ちなみにバスと言えば
お手頃価格でおなじみですが、
こちらのアイテム、
全然お手頃価格じゃないのでご注意・・・。

まあそれはともかく、今後の展開に注目です。
[PR]
by boppuccino | 2011-01-13 23:59 | products
<< Premium Cuts & ... Please Mr. big ... >>